ベトナム(Vietnam)

 説明
地域概要 正式名称はベトナム社会主義共和国、南北に長い国であり、ベトナム料理は日本でも親しまれています。また、都市部に人口が集中している国の一つです。
近年では、ビルや道路も建設ラッシュで、インフラ工事も進められています。日系企業などの多くの国、地域から投資進出が行われているため、今後も成長が期待されています。
医療情報 医療環境・水準とも日本や周辺アジア先進国と比べて低いと言われます。また、都市部と地方の医療水準には大きな差があります。
公立病院は言葉の問題があり、利用が難しいようです。都市部の私立病院・クリニックもありますが、高度な医療が必要な時は、日本や近隣医療先進国へ緊急移送される場合があります。そのため、海外旅行傷害保険への加入が検討が必要です。
また、黄熱流行地から入国する場合には、黄熱ワクチンの接種証明書が求められることがあります。
気候 北部のハノイは亜熱帯性気候に属し、四季の変化がみられます。また、5月から10月には最高気温が30℃を越え、時には40℃前後にもなり、平均湿度は80%以上となります。12月頃には冬になりますが、湿度が高いために10℃以下の気温よりも肌寒く感じられます。
南部のホーチミン市は年間の平均気温は25℃以上、平均湿度は70%以上であり、高温多湿です。気温は3月から5月にかけて最も高く、最高気温が40℃近くまで上昇します。12月から2月は気温が低めとなり比較的過ごしやすくなります。乾期が長く続き猛暑の時期には、外出時の紫外線対策が欠かせません。
宗教 仏教、キリスト教、イスラム教など
文化 食文化では、生春巻きやフォーなどのベトナム料理があり、地域によって特徴があるようですが、米を主食とする文化です。
素朴な街並みやのんびりとした自然も魅力の一つですが、公的な施設に露出の多い服装で入れないなど独特の文化やマナーもあるので、注意も必要です。
気をつけたい感染症 かぜ、インフルエンザ、気管支炎、急性腸炎・食中毒・寄生虫症
推奨する予防接種 A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病、日本脳炎

ベトナムは、不衛生な屋台などでの食事や不完全な調理が原因となり、A型肝炎などにかかる場合もあります。また、雨季には日本脳炎が発生します。
ベトナムで子供の定期予防接種を実施していますが、日本の子供の定期予防接種に含まれていないワクチンとして、B型肝炎、腸チフス、コレラがあります。
日本で実施されている定期予防接種の中には世代によって実施されていないものもあるため、母子手帳等を確認し、接種していないものに関してはすべて打っておきましょう。
渡航前にA型肝炎、B型肝炎、破傷風のワクチン接種を推奨します。日本脳炎や狂犬病もリスクがある為、長期間滞在する場合などは接種を検討して下さい。また、リスク国からベトナムに入国する場合は、入国時に国際予防接種証明書が必要です。

                                       

 破傷風麻疹風疹A型肝炎B型肝炎日本脳炎狂犬病黄熱腸チフス髄膜炎菌性髄膜炎ポリオ流行性耳下腺円水痘肺炎球菌ワクチン
ベトナム渡航推進予防  ◎  〇  ◎  ◎  〇  〇    〇        
日本の定期予防接種 定期 定期 任意 定期 定期 任意 任意 任意 任意 定期 任意 定期 定期
アメリカで実施され日本の定期予防接種でない感染症        〇        〇          
◎:推奨 〇:長期滞在者、流行地域滞在 △:高リスク者

◎A型肝炎
ベトナムではA型肝炎のリスクのある国とされています。蔓延地域では小児期に感染した成人は抗体陽性率が高いとされています。しかし、日本などの先進国では成人の抗体保有率が低く、発症リスクが高まります。特に、長期間滞在者、都市部以外の地域に行く方などはワクチンの接種を検討して下さい。

◎B型肝炎
ベトナムは、B型肝炎ウイルス感染率が世界の中でも深刻な国の一つとされています。国民の罹患率は、10~20%とされており、高率であります。渡航される方は、ワクチンの接種を推奨します。

〇狂犬病
狂犬病ワクチンの接種率が低く、毎年狂犬病発症者がいます。動物の狂犬病はベトナム全土で報告されており、狂犬病患者の多くはメコンデルタ地域から確認されています。保健省によると、2017年に全国で犬に噛まれた人は50万人余りで、狂犬病によって死亡した人は74人と報告されています。また、飼い犬への予防注射の接種率が低いことが問題となっています。渡航される方は、動物との接触に注意するだけでなく、ワクチンの接種も検討して下さい。

〇日本脳炎
全土の中でも特に北部に感染患者の報告がされております。都市部の感染リスクは高くありません。蚊を介して感染するので農村部に多くみられます。発症した場合は死亡することもあるので予防接種を受けることを検討して下さい。

〇麻疹
2013年から2014年春にかけて麻疹が大流行しました。7000人以上が感染し、死亡者25名となりました。現在日本でも流行することがあるため、接種回数が足りない場合はワクチンの接種を検討して下さい。