ベトナム(Vietnam)

 説明
地域概要 正式名称はベトナム社会主義共和国、南北に長い国であり、ベトナム料理は日本でも親しまれています。また、都市部に人口が集中している国の一つです。
近年では、ビルや道路も建設ラッシュで、インフラ工事も進められています。日系企業などの多くの国、地域から投資進出が行われているため、今後も成長が期待されています。
医療情報 医療環境・水準とも日本や周辺アジア先進国と比べて低いと言われます。また、都市部と地方の医療水準には大きな差があります。
公立病院は言葉の問題があり、利用が難しいようです。都市部の私立病院・クリニックもありますが、高度な医療が必要な時は、日本や近隣医療先進国へ緊急移送される場合があります。そのため、海外旅行傷害保険への加入が検討が必要です。
また、黄熱流行地から入国する場合には、黄熱ワクチンの接種証明書が求められることがあります。
気候 北部のハノイは亜熱帯性気候に属し、四季の変化がみられます。また、5月から10月には最高気温が30℃を越え、時には40℃前後にもなり、平均湿度は80%以上となります。12月頃には冬になりますが、湿度が高いために10℃以下の気温よりも肌寒く感じられます。
南部のホーチミン市は年間の平均気温は25℃以上、平均湿度は70%以上であり、高温多湿です。気温は3月から5月にかけて最も高く、最高気温が40℃近くまで上昇します。12月から2月は気温が低めとなり比較的過ごしやすくなります。乾期が長く続き猛暑の時期には、外出時の紫外線対策が欠かせません。
宗教 仏教、キリスト教、イスラム教など
文化 食文化では、生春巻きやフォーなどのベトナム料理があり、地域によって特徴があるようですが、米を主食とする文化です。
素朴な街並みやのんびりとした自然も魅力の一つですが、公的な施設に露出の多い服装で入れないなど独特の文化やマナーもあるので、注意も必要です。
気をつけたい感染症 かぜ、インフルエンザ、気管支炎、急性腸炎・食中毒・寄生虫症
推奨する予防接種 A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病、日本脳炎