アメリカ合衆国(United States of America)

 説明
地域概要 メジャーリーグや有名な観光地も多いことで日本とも親しみのあるアメリカ合衆国は、日本の25倍もの広大な国土を持ち、様々な気候があります。
また、移民国家多種多様な民族が暮らす国であり、人種別の比率は、白人、アフリカ系、アジア系、先住民など多くの民族が生活しています。
医療情報 一般的に医療レベルは高く、システムも発達していると言われますが、医療費は高額で医療保険しだいでその質も変わります。また救急車は有料です。万が一のことを考え、旅行保険への加入を検討しましょう。
専門医は予約制の為、急病時に受診出来る医療機関は限られ、患者で混雑している場合が多いようです。
急病や大怪我の場合、「911」(警察や消防も同じ番号)に電話をかけると、平均5分程度で救急車が到着します。
気候 西海岸は、温暖な気候で、夏は北からの海流の影響を受けるため、比較的涼しい気候となっています。
また、内陸は夏に40度を超える日もある一方で、冬は空気が乾燥しており、日中暖かくても、夜の急激な冷え込みもあります。
ロッキー山脈の東側には大陸性の少雨で乾燥した地域で、東海岸は北部の冬は厳しく、積雪もあります。
東南部やフロリダ半島では夏から秋にかけてハリケーンが来ることがあります。
宗教 信教の自由を憲法で保障、主にキリスト教
文化 アメリカには多くの移民が集まり、「人種のサラダボウル」とも呼ばれるアメリカでは、様々な文化や思想や信条などが存在しています。そのため、「アメリカン・ドリーム」に象徴される挑戦の意識や、自由・平等への意識も高いとされています。
気をつけたい感染症 A型肝炎、食中毒、O-157感染、サルモネラ感染症、ウエストナイル熱、デング熱、ハンタウイルス肺症候群、Q熱、ライム病、ダニ媒介性回帰熱、ロッキー山紅斑熱、ペスト、狂犬病など(渡航地域によって特に注意の必要な感染症がございます。)
推奨する予防接種 破傷風など ※米国の学校への入学・編入時には、州で規定された予防接種やツベルクリン反応検査などが義務付けられていることがあります。日本と米国では、必要なワクチンの種類や回数が異なっていますので注意が必要です。