破傷風ワクチン(Tetanus)

 説明
概要 破傷風菌は土壌中に広く存在し、切り傷などの 創傷部位から体内に侵入して感染します。潜伏期間は3日~21日であり、口から全身に広がる筋肉の痙攣、呼吸困難などにより、発症したばあいには死亡することもある感染症です。
流行地域 世界中に分布しているため、世界中で感染リスクあり。
製剤の特性
摂取スケジュール 初回、2回目は3~8週間後、3回目は6ヶ月後以降で120日~180日後を推奨されています。
有効性 約10年と考えられています。
副反応 接種箇所の腫れ、痛み、赤くなる他、稀ではありますが、発熱、頭痛、悪寒やアナフィラキシーショックを認めることもあります。
その他の留意点 定期接種で接種されている方は最終接種より10年程度経過したら、追加接種をご検討ください。世界中で広く感染の可能性があります。海外では傷口への対応が出来ない場合や疎かにしてしまうことで、感染する場合もありますので渡航の際に接種をご検討ください。