シンガポール(Singapore)

 説明
地域概要 マーライオンで有名なベトナムは外国人の居住率が高く、世界有数の人口密度を持つ国です。国の面積としては小さく、東西42Km、南北23Kmと車で1時間程度で端から端まで移動できるほどの大きさです。
東南アジアのビジネスハブとして成長が著しく、欧米企業だけでなく、日中韓などのアジアの国からも企業が進出しています。
医療情報 シンガポールは元々医療水準の高い都市です。また、国策として外国の医師免許(条件付き)を認めているので、ここ数年邦人医師も増えており、世界でも日本人医師が多い国の一つです。
気候 熱帯雨林気候に属し、シンガポールは雨季(10月~3月)と乾季(4月~9月)に分かれます。1年中高温で、最も暑い時期は4月から7月頃までで、11月から1月までは季節風の関係で比較的過ごしやすくなります。気温は31~34℃、夜間の最低気温は23~26℃程度です。湿度は年間を通じて高く、しばしば100%に達します。雨はスコールで、短時間に降り、激しい雷を伴うことが多いです。
宗教 仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンズー教
文化 多民族の国家のため、仏教、道教、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教など。それぞれの宗教の尊重もされており、シンガポールの祝日はそれぞれの宗教に関わるものが多いようです。また、食文化では外食文化であり、多種多様な料理が親しまれています。
気をつけたい感染症 A型肝炎、腸炎ビブリオ、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、デング熱、チクングニア熱、マラリア、レプトスピラ症、類鼻疽(るいびそ)
推奨する予防接種 A型肝炎、B型肝炎、破傷風、日本脳炎