パプアニューギニア(Papua New Guinea)

 説明
地域概要 南緯6度、東経147度に位置する大洋州の島国で、ニューギニア島の東半分と600以上の周辺の島々から形成されています。ニューギニア島はグリーンランドに次ぐ世界で2番目に大きい島で、赤道の南、オーストラリア大陸の北に位置している島です。他にも、ニューブリテン島、ブーゲンビル島、ニューアイルランド島、マヌス島などの島々があります。総面積は日本の約1.2倍で、2015年の推定人口は約763万人とされています。
医療情報 国内の主要都市には、国立病院が設置されていますが、資金・医療スタッフ不足・施設の老朽化などの問題があるようです。また、病院内に盗賊が押しかけて襲われるといった事件も発生しています。
その他、国内に私立病院もありますが、治療費は高額であり、治療前に多額の保証金を支払う必要があるため、クレジットカードの支払限度額を超過することもありますのでご注意ください。また、応急処置程度で難しい場合は国外への搬送になるようです。
気候 中央高地と南岸の一部を除き高温多湿の熱帯雨林気候で1年は雨季(11~4月)とやや気温が下がる乾季(5~10月)に分かれます。また、ハイランド地方では夜間になると10℃近くまで冷え込むこともあります。
宗教 主にキリスト教。祖先崇拝等伝統的信仰も根強い。
文化 800を超える固有の言語、約1000の部族が残っており、豊かな自然の中で独特の文化を見ることができます。
気をつけたい感染症 マラリア、デング熱、結核、腸チフス、A型肝炎、コレラ、性感染症、シガテラ毒素
推奨する予防接種 A型肝炎、B型肝炎、破傷風