インドネシア(Indonesia)

 説明
地域概要 インドネシアは、東西5、000キロを越える日本の約5倍の面積を有する広大な島国です。また、総人口も約2億6千万人と世界第4位の人口の国です。また、そのうち88.6パーセントがイスラム教を信仰しており、世界最多のイスラム教徒を有する国でもあります。
医療情報 ジャカルタ市内でも医療従事者数が不足しており、医療サービスのレベルは低いと言われています。致死的疾患や高度の医療行為が必要な場合は、基本的にシンガポールなどへの緊急移送となることが大部分のようです。
また、国立病院が全国各地にありますが、老朽化や医療従事者不足などの問題を抱えているようです。一方で、裕福層向けの私立病院は最新鋭の診断機器を有し、海外旅行傷害保険が適応可能な場合が多いようですが、受診に際して数千ドルの保証金が必要なこともあるようです。
気候 赤道直下のインドネシアは熱帯性気候に属し、4月~10月までの乾期と11月~3月までの雨期に分かれます。とりわけ12月、1月には大量の雨が降ります。
気温は、ジャカルタ市で通年27℃~29℃前後であり高温になることは少ないですが、日差しが強いので紫外線対策は必要です。ジャカルタなどの都市部では、大気汚染は極めて深刻な状況であり、大気汚染に起因する呼吸器系症状が出やすい状況にあります。
宗教 イスラム教87.21%、キリスト教9.87%(プロテスタント6.96%、カトリック2.91%)、ヒンズー教1.69%、仏教0.72%、儒教0.05%、その他0.50%
文化 人口のうち、88.6パーセントがイスラム教を信仰しており、世界最多のイスラム教徒を有する国でもありますが、一方で、憲法では信教の自由が保障されています。そのため、キリスト教、ヒンズー教、仏教などを信仰する国民もいます。また主な言語はインドネシア語ですが、地方によって文化が多様で地方ごとに異なった言語があるようです。
気をつけたい感染症 食中毒、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、コレラ、腸チフス、A型肝炎、チクングニア熱、デング熱、日本脳炎、狂犬病、鳥インフルエンザ
推奨する予防接種 A型肝炎、B型肝炎、破傷風、麻しん、狂犬病、日本脳炎