ブラジル(Brazil)

 説明
地域概要 ブラジルは、世界で5番目に大きな面積を持つ国で、赤道から南緯33度のまでの広い国土を持っています。天然資源に恵まれたり、農業も盛んな国であり、生産量ではオレンジ、コーヒー、サトウキビは、世界一、カカオ、大豆、鶏肉、世界2位、トウモロコシは世界第3位の生産量を誇っています。
医療情報 感染症の流行や医療水準も地域によって大きく異なります。公立病院の医療費は外国人に対しても無料ですが、待ち時間が長く、設備や衛生面に不安があるようです。一方で、民間の医療機関は比較的設備が整っており、待ち時間も少ないようです。また、公立および私立の総合病院には、24時間対応の救急外来があります。
日本語や英語での受付のない病院も多いようで、ポルトガル語通訳等が必要になります。
気候 広い面積から、気候も熱帯雨林気候から亜熱帯気候まで幅広く有り、地域により異なります。北部の熱帯地域は、年間気温が25~35℃と1年中蒸し暑いです。南部の亜熱帯地域では、1月と2月が最も暑く、雨も多くなっています。サンパウロから南は温帯に近い亜熱帯地域で、冬は霜が降りる場合もあります。ブラジリアやパンタナールのある中部の内陸部は雨期と乾期があり、日中の気温は高く、朝晩は冷え込みます。
宗教 カトリック約65%、プロテスタント約22%、無宗教8%
文化 ポルトガルの植民地となっていた歴史からポルトガル語が公用語となっています。サッカーやカーニバルや日系人のイメージなど日本でも馴染みの深い国の一つです。また、音楽も有名であり、ボサノヴァやサンバなどは世界中で親しまれています。
気をつけたい感染症 黄熱、デング熱、マラリア、フィラリア症、シャーガス病、リーシュマニア症、レプトスピラ症 (ワイル病)、ハンタウイルス肺症候群、類鼻疽、狂犬病、ジカウイルス感染症など
推奨する予防接種 黄熱、A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病