一般外来

診察時に必要なもの/各種診断書について

【初診時に必要なもの】

1.健康保険証
2.医療費助成を受けられる方は医療券や受給者証(*)
3.紹介状(*)
4.健康診断の二次検診希望の方は健康診断結果(*)
5.お薬手帳(お持ちでない方は現在、服用中のお薬をご持参ください)(*)
(*)印は、お持ちの方のみご持参ください。
○診療保険機関により月初めに保険証の確認が義務づけられております。
○保険証の確認が取れない場合は保険診療として取り扱うことができません。また、保険証のコピーもお取り扱いしていません。 この場合、自費診療扱いとなりますが、指定期日内に保険証をお持ちいただければ返金いたします。
○当院は、非労災指定医療機関のため、労災対応はしておりません。
○クレジットカード(JCB、アメックス、VISA、MasterCard、Diners、DISCOVER)の対応可能です。

【各種診断書について】

1.診断書(病状、休業など) 3,000円(税込)→診断書例
2.証明書(治癒など) 3,000円(税込)→治癒証明書例
3.皮膚・癲癇の診断書(美容師、国家試験など) 3,240円(税込)→診断書例
4.結核の診断書(レントゲン検査あり、美容院管理者など) 5,400円(税込)→診断書例
5.覚醒剤などの診断書(薬物の尿検査あり、麻薬取り扱い免許など用) 8,640円(税込)→診断書例
6.小型船舶操縦士身体検査証明書 5,400円(税込)→証明書ダウンロード

【お待ち時間について】

当院では予約制のため予約頂いた方が優先になります。診察や処置の内容によってはお待ち時間が異なる場合がございますが、平均15分ほど見ていただければ幸いでございます。
完全予約制ではないため、混雑時はお待ち時間が長く、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

インフルエンザウイルスを早く見つけます!

当院では、富士フイルム社のIMMUNO AG1という検査を用い、インフルエンザの迅速検査をご提供いたします。
同社の資料が示すように、ウイルスを高感度で検出します。

検査機器詳細はこちら
インフルラボはこちら

検査後、医師の判断によりますが、病状・休業証明者や治癒証明書を発行させていただいております。

検査のみ 自費4,320円(税込)
検査+休業診断書 自費5,400円(税込)
検査+治癒証明書 自費5,400円(税込)

一般外来

総合内科

よくあるお悩み・症状
何科を受診したらいいかがわからない、風邪、頭痛、体調がすぐれない。

当院で可能な診療について
風邪、インフルエンザ、花粉症、アレルギー検査溶連菌検査、マイコプラズマ検査、腹部エコー、胸部レントゲンなどの診療を行っております。
インフルエンザチェック(自費) 税込4,320円
・ノロウイルスチェック(自費)税込5,400円

また、提携先のメディカルスキャニング様にてCTなどの精密検査も可能です。 手術・入院など必要な場合は当院提携の病院をご紹介いたします。

アレルギー検査を受けられた方へ、結果表の見方
スギとダニの項目で陽性となった場合はアレルギー外来にて治療が可能となります。

糖尿病内科

よくあるお悩み・症状
のどが渇く、トイレが近い、体重が減ってきた、砂利の上を歩いているような足のしびれ、視力低下、症状が落ち着いているが不安。

当院で可能な診察について
診察時に健診結果や検査などを基に患者様一人一人にあったアドバイスをさせていただきます。
現在糖尿病と診断されている方は、体重の増減・食生活・生活習慣・血糖値・薬の飲み忘れなどの確認事項を基に治療を継続していきます。

自分での対処方法
食べ過ぎない、野菜から食べる、食事はゆっくり食べる、体重を習慣的に測る、健康診断を受ける、食後の運動(週180分以上の有酸素運動)
※担当医から詳しく説明をさせていただきます。

当院の診療方針
健康診断の結果が不安や、大学病院に通っていたが、ある程度落ち着いている方、 受診時に必要であれば再検査を経て、病状を判断いたします。HbA1cの値が高い人は大学病院へ紹介いたします。

消化器科(上部内視鏡)

よくあるお悩み・症状
腹痛、下痢、便秘、嘔吐・吐き気、胸焼け、食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍


当院で可能な診療について
腹痛に対しての食事指導、胸部レントゲン、腹部エコー、上部内視鏡検査
※大腸内視鏡検査は対応医師の赴任予定変更に伴い、対応を現在の予約患者様で終了いたしました。再開の時期がまいりましたら、またご案内させていただきます。


自分での対処方法
自分での対処法としては、 食後はすぐに横にならない、適度な運動やダイエット、なるべくアルコール控える(腸内細菌叢・腸内細菌バランスが崩れてくると病気にかかりやすくなったり、症状が出やすくなってしまうため)
プロバイオティックス(ヨーグルトなど)を摂取する。

当院の診療方針
内視鏡検査は経鼻・経口や麻酔など患者様が選べるシステムを取り揃えております。
手術・入院が必要な場合は当院連携の病院をご紹介させていただきます。


保険適用でのピロリ菌除菌プラン
この場合、胃カメラを行う必要がございます。
①健康診断などで胃部X線(バリウム)検査について所見あり
②胃カメラ施行
③ピロリ菌陽性の場合、除菌薬ボノサップ処方→一週間服用→4週間後に尿素呼気試験で除菌が成功したか検査→成功の場合終了
④失敗の場合、2次除菌薬服用・検査となり、保険適用となります。
⑤2次除菌で失敗した場合、3回目は保険適用が不可となり、自費となります。

胃カメラが苦手な方へのプラン
この場合、保険適用とならず、自費診療となります。
①ABC検査(税込3,780円)、ヘリコバクターピロリ抗体検査(税込1,620円)
②ピロリ菌陽性の場合、除菌薬ボノサップ処方(税込7,560円)→一週間服用→4週間後に尿素呼気試験(税込1,620円)で除菌が成功したか検査→成功の場合終了
③失敗の場合、胃カメラをおすすめいたします。

■除菌パックプラン
・ピロリ菌抗体検査、除菌薬ボノサップ、尿素呼気試験のセット 税込10,800円
・除菌薬ボノサップ、尿素呼気試験のセット 税込8,640円

外科

よくあるお悩み・症状
切り傷、擦り傷、救急外来(止血や骨折疑い)

当院で可能な診療について
切り傷・擦り傷・火傷などの応急処置を行っています。 手術・入院など必要な場合は当院提携の病院をご紹介いたします。

禁煙外来

※初診と5回目の診察は月曜日午後の申先生の外来をご受診いただく必要がございます。2~4回目の診察は他の曜日・医師でも承っております。

保険適用条件(計5回来院)
①前回の治療から1年経過している方
②禁煙を始めたいと思っている方
③一日の平均喫煙本数×喫煙年数が200以上(※35歳未満の場合この条件はなし)
④喫煙治療の文書に同意をしていただける方

■1回目(初回は月曜日午後・夜間の申先生での診察が必須)
保険診療 1,740円、自費 2,980円 ※お薬代は別になります。

・問診表の記入
・呼気一酸化炭素濃度測定(息を吐く簡単な検査)
・医師診察にて禁煙外来の説明
・処方箋発行(14日分)
・調剤薬局にて薬を処方

・チャンピックス(内服薬)
・ニコチネルTTS(貼り薬)

■2回目(薬がなくなる14日前後、医師指定なし、診療時間内ならいつでも)
保険診療 1,130円、自費 2,520円 ※お薬代は別になります。

・呼気一酸化炭素濃度測定(息を吐く簡単な検査)
・医師診察にて禁煙外来の説明
・処方箋発行(14日分)
・調剤薬局にて薬を処方


■3回目(薬がなくなる14日前後、医師指定なし、診療時間内ならいつでも)
保険診療 1,130円、自費 2,520円 ※お薬代は別になります。

・呼気一酸化炭素濃度測定(息を吐く簡単な検査)
・医師診察にて禁煙外来の説明
・処方箋発行(28日分)
・調剤薬局にて薬を処方

■4回目(薬がなくなる28日前後、医師指定なし、診療時間内ならいつでも)
保険診療 1,130円、自費 2,520円 ※お薬代は別になります。

・呼気一酸化炭素濃度測定(息を吐く簡単な検査)
・医師診察にて禁煙外来の説明
・処方箋発行(28日分)
・調剤薬局にて薬を処方

■5回目(薬がなくなる28日前後、医師指定なし、診療時間内ならいつでも)
保険診療 920円、自費 1,800円 ※お薬代は別になります。

・呼気一酸化炭素濃度測定(息を吐く簡単な検査)
・医師診察にて禁煙外来の説明
→終了となります。

アレルギー外来

※スギアレルギー・ダニアレルギーを治療したい方
※院内処方となる治療薬シダトレン・ミティキュアは笹倉先生のみ処方可能となります。火曜日以外の診療時間にてご予約をお願いいたします。

治療法(アレルゲン舌下免疫療法)について
スギ花粉アレルギーの方へは、シダトレンスギ花粉舌下液アレルゲン療法
ダニアレルギーの方へは、ミティキュア舌下液アレルゲン療法

それぞれスギ、もしくはダニを原料としたエキスから作られた治療薬となり、少量から服用継続することにより長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。注射による痛みもなく治療ができ、アレルギーの原因物質を少しずつとって体を慣らしていくことによりアレルギー症状を起こりにくくする働きがあります。
治療には、採血にて服用前にスギアレルギー、もしくはダニアレルギーの確定診断が必要です。
症状の有無にかかわらず、毎日、長期間(3~5年間)にわたり継続して服用するスケジュールとなります。1ヶ月休薬した場合は、再度、治療を初めから行う形となってしまうため、自己判断で再開や中止はしないように注意が必要です。

■効果
くしゃみ・鼻水・鼻づまりの改善、涙目・目のかゆみの改善、アレルギー治療薬の減量
※治療の効果は個々人様で異なりますこと予めご了承くださいませ。


■対象者
高校生以上~65歳未満のスギアレルギー確定診断が付いている方、ダニアレルギー確定診断が付いている方
下記の禁忌事項に当てはまらない方

■禁忌
妊娠中の方、授乳中の方、重度の気管支喘息の方

■治療にあたり注意が必要な方(治療前に医師と相談)
悪性腫瘍・免疫系の疾患治療中の方、口腔内の炎症がある方、β-遮断薬使用中の方

■治療薬
シダトレン(スギアレルギー)
初回 初診料850円+薬代1,160円
2回目 再診料380円+薬代910円
3回目以降 再診料380円+薬代1,620円

ミティキュア(ダニアレルギー)
初回 初診料850円+薬代1,130円
2回目以降 再診料380円+薬代2,120円

■服用スケジュール
初回は当院内にて服用していただきます(※シダトレンの場合は、スギ非飛散期6月~12月に開始します)。
服用後は少なくとも30分間、院内で待機いただき、副作用症状の出現有無を確認いたします。
2回目以降は自宅で内服(ボトルタイプ)となります。1日1回少量から服用をはじめ、最初の2週間は徐々に増量し、その後決まった量(パック式タイプ)を数年にわたり継続していきます。ご家族のいる場所や日中帯での服用が推奨されます。

■服用後の注意点
服用後30分間、服用開始初期(1ヶ月)は特に注意をお願いします。
※シダトレンの場合はスギ花粉が飛散している時期1月~5月に服用すると体調変化が起こる可能性がございます。花粉症状がひどい際は医師の指示に従い、アレルギー治療薬を相談してください。

■主な副作用
口腔内の副作用 口内炎、舌の下の腫れ、喉のかゆみ、耳のかゆみ、頭痛

内服後30分間は、下記のような症状に注意してください。
アナフィラキシー症状
①皮膚の症状:蕁麻疹、掻痒感、発赤などが全身に出現する
②消化器の症状:胃痛、吐き気、下痢、持続する嘔吐
③眼の症状:視野狭窄、視野異常
④呼吸器の症状:呼吸困難、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)、胸のしめつけ
⑤循環器の症状:頻脈、ふらつき、めまい
⑥神経症状ショック:意識混濁、顔面蒼白

■治療前の確認事項
長期間の治療を受けることができる(シダトレンの場合はスギ花粉が飛散していない時期も含めて)
毎日継続服用して、舌の下に保持することができる(シダトレンは2分間、ミティキュアは1分間)
少なくとも1ヶ月に1度は受診することができる
全ての方に効果を示すわけではないことを理解できる
アナフィラキシーなどの副作用が起こる可能性があることを理解でき、副作用が起きたときの対応ができる

アレルギー診断が付いていない方へ
診断が付いていない方は治療開始することができません。
初診料850円+アレルギー採血5,000円~6,000円でお調べすることができます。
アレルギー検査について
スギアレルギー・ダニアレルギーで陽性の場合は、上記の診療フローで治療を行うことができます。