クリニックブログ

2019.09.24更新

秋の健康診断の時期になりましたが、皆さま、今年度の健康診断は、もうご受診されましたか?
私は、再来週の受診の予定です。
1年に1度の健康を見つめ直す機会ですので、是非、活用してください。


さて、多くの健康に関するデータをみていて、より健康に生活するにはどうしたら良いのかを考えていましたが、この夏より、当院独自の物として、「漢方茶」の提供を開始しました。


私は、元々、急性期医療の現場にいた時も、西洋医学の薬だけでは、中々うまく治療でいない時にも、漢方が著効するような事もあり、漢方の力を実感していました。この漢方の力を、持続的に服用しても安全で、もっと簡便に日常生活に取り入れる事ができたらと思い、代謝を亢進し免疫力を向上させる成分を中心に、院内で調合し、お茶のパックにしました。


私自身も、なかなか運動する機会を作れなかったのでお腹周りが気になっていましたが、「漢方茶」を普段の生活に取り入れる事で、お腹周りの気になる部分が解消されてくるといった効果を実感しています。また、例年は夏の疲れから、この時期に胃腸の調子が悪くなり、免疫力が落ちて、体調を悪くすることが多かったのですが、私の身体に「漢方茶」が合うのか、今のところ、そのような体調不良は起きていません。


これから、寒くなり少しづつ外来にはインフルエンザの方もみえてますが、代謝亢進と免疫力向上に、漢方の力を利用してみてはいかがでしょうか?


漢方茶のご紹介はこちら 「【飲みやすい】漢方茶で脂質燃焼」

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.09.19更新

当院では、7/1より漢方内科にて、「漢方茶」のご提供を開始しております。
漢方は、治療に対する人間のからだの反応を土台に体系化した医学で、古代中国に起源をもち、その経験医学が日本に導入され、日本独自の伝統医学として発展してきました。

しかし、漢方薬が飲みにくい方は多いのではないでしょうか。
当院では、あらかじめ漢方薬をお茶のような液状に加工して、液体パックに詰めた形でご提供することで、飲みやすい工夫をしております。
生薬の力で脂質が燃焼されるだけでなく、空腹感を抑制、食欲減少も期待できます。疲労感・冷え性・肌荒れにお悩みの方にもおすすめです。

トライアル(1日3パック✕3日分) 1,500円(税抜)
1週間分(1日3パック✕7日分) 7,500円(税抜)
※肌荒れ改善向けのお茶には生薬ヨクイニンの成分が入っております。

漢方茶

●効果効能:食欲減少、脂質分解・燃焼、疲労回復、冷え性改善

お気軽にお問い合わせ下さい。

03-4579-9011

案内ガイダンスに従い、2番を押し、漢方内科についてお問い合わせとお申し出下さい。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.09.18更新

今回は、“衛生管理者”についてご説明します。

 

■衛生管理者導入のタイミングは?
常時50人以上の労働者を使用する事業所ごとに、衛生管理者を選任しなければならないとされています。

 

■衛生管理者の職務内容は?
衛生管理者は労働安全衛生法に規定された、労働条件・労働環境の衛生的改善と疾病の予防・処置等を担当し、事業場の衛生の管理を行います。

主な職務内容は4つございます。
① 労働者の危険または健康障害を防止するための設置に関すること
② 労働者の安全または、衛生のための教育の実施に関すること
③ 健康診断の実施、その他健康の保持増進のための設置に関すること
④ 労働災害の原因の調査及び再発防止対策に関すること

具体的には、衛生管理者は少なくとも毎週1回は作業場の巡視を行い、健康相談・健康保持に必要な事項に関する業務を行います。

 


■衛生管理者の選任時期は?
選任するべき事由が発生した日から14日以内に選任しなければならないとされています。
現在の従業員数が40名程度の企業は、次年度の新入社員を見込み、
産業医の導入と同じタイミングで衛生管理者も前もって選任するケースが多くございます。
また多くの企業では、「公平な態度で従業員に接することができるとされている人事部内の社員」を衛生管理者に選任することが多くございます。

 


■衛生管理者を選任しなかった場合の罰則は?
労働安全衛生法により、衛生管理者を選任すべきである事業者が選任をしていなかった場合は50万円以下の罰金が課される場合がございます。
※詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。
 ◯https://00m.in/XH4Qv

 

★MYメディカルクリニックでは、衛生管理者や産業医・ストレスチェックの導入についてのフォローを渉外担当が行っており、企業の健康管理をサポートしております。

産業医が導入できていない、健康診断・産業医・ストレスチェックを一括で管理したいなどのご要望がございましたらお気軽にMYメディカルクリニックにご連絡くださいませ。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.09.09更新

今日は9月9日。
救急の日であります。

みなさんは急に具合が悪くなり、病院に受診したことはありませんか?
またいざ受診しようと思っても、どの病院に行ったらいいのか、迷った事はありませんか?

近くのクリニックや診療所に行く、もしくは総合病院や大学病院など大きな病院に行く、ネット検索をして受診することが多いのではないでしょうか。

それぞれのクリニックや病院の特徴ですが、
★クリニックや診療所は、入院施設はなく帰宅可能な患者の対応が可能です。
また診察でさらなる検査や治療の必要性を判断します。

★総合病院はクリニックでは検査対応不可能な検査が可能であったり、入院や手術が必要な患者の対応が可能です。

★大学病院や救命救急センターは生命に関わる重症患者が対象です。

普段病院に受診したことがない人は自分がどの病院に行ったらわからないと思いますし、自分の症状が軽症なのか?重症なのか?判断は難しいと思います。


しかし、急な発熱、胃痛や腹痛、胸痛など急に辛い症状が出ると不安になりますよね。

それぞれの症状は、様々な病気が疑われます。
発熱は風邪、インフルエンザ、食中毒、腎盂腎炎、胆嚢炎、髄膜炎‥‥他にも発熱する病気はたくさんあります。

長引く咳は喘息、マイコプラズマ肺炎や結核、他‥‥

胃痛は胃潰瘍、アニサキス疑い、他‥‥

腹痛は腸炎、虫垂炎、胆石、ノロウイルス疑い、他‥‥

胸痛は狭心症や心筋梗塞、気胸、肋間神経痛、他‥‥

など、一つの症状でも様々な病気が考えられます。症状の原因は何かを明らかにするために、採血やレントゲン、エコー検査、他インフルエンザ等の迅速検査を行うことで原因がわかります。

当クリニックでは前述した検査が常時対応可能です。

様々な検査を行い症状の原因が判明した時、さらに検査や治療、手術が必要となった場合、マイメディカルクリニックは入院施設がないため、東京慈恵会医科大学附属病院や日本赤十字社医療センターに紹介受診も行なっております。

また当クリニックは土日の夜間、祝日以外は開院しており、他のクリニックや診療所が閉まっている時間帯も診察可能です。

9月に入り暑い夏が終わり、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。また秋の花粉が飛散する時期ですので、アレルギー症状でお困りは方もマイメディカルクリニックをご利用ください。

投稿者: 医療法人社団 霞山会