クリニックブログ

2019.10.07更新

色づく木の葉に、地面に重なる落ち葉や木の実。季節はもうすっかり秋ですね。
いよいよ10月となりました。
巷の各所では、乳がんの知識啓発ポスターや、シンポジウムなどが開催されるほか、1日には東京タワーや都庁がピンク色でライトアップされるなどのイベントが多数行われるため、毎年10月は「ピンクリボン月間」とよばれております。

 

ピンクリボン(Pink ribbon)とは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーン、もしくはそのシンボルです。
日本人女性のうち、乳がんを発症する割合は約12人に1人と言われております。
また、乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされ、罹患率、死亡率共に年々右肩上がりと言われています。


              癌

 

当院では、超音波を使用した乳房の検査に加え、6月から新たにマンモグラフィ(MMG)の機器が導入されました。
MMGは圧迫板で乳房を片方ずつ挟み撮影するレントゲン検査で、
微小な石灰化の発見に優れており、検査・受診の継続によって、乳がん死亡率が低下することが統計学的に証明されております。
その反面、放射線の被ばくを伴うので妊娠、またはその可能性がある方は検査を行うことはできません。
また、乳房を圧迫する際に多少の痛みを伴う。というデメリットもあります。

 

一方、超音波検査には痛みがなく、放射線による被ばくがない為、妊娠中でも受診可能というメリットがありますが、がん以外の良性の所見も見つかりやすく、再検査となる可能性が高くなる。というデメリットもあります。

 

適切な検査を受診していただく為に、当院では専門の乳腺外科医の診察をお勧めしております。
尚、当院での乳腺外科の受診日は火曜日と土曜日午前のみとなります。
詳しくはこちらをご確認下さい。
https://www.mymc.jp/ladies/#link2

 


乳がんが「見つかる事」が恐い事なのではなく、「知らないまま」が恐い事。
「ピンクリボン月間」をきっかけに、あなた自身とあなたを愛する人たちを悲しませないために、知らないままにしておくよりも、「知ってみる」ことの重要性を考える良い機会になることを、スタッフ一同願っております。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.10.01更新

本日10/1(火)より、インフルエンザワクチン予防接種のご提供を開始致します。

接種料金は今年度も昨年度と同じく、1回あたり3,500円(税込)になります。
また、当院では新しい医療提供となりますが、小児の予防接種もお引き受けすることに決定いたしました。


インフルエンザと言えば、冬に流行するものだと考えられておりますが、今年度は春のインフルエンザや夏のインフルエンザなど、季節に関係なく、集団感染報告がニュースでも取り上げられているようにおもいます。インフルエンザは通年で予防していかなければならない感染症になってきたのかもしれません。

インフルエンザ流行状況

※出所:東京都感染症情報センター
「インフルエンザの流行状況(東京都 2019-2020年シーズン)」

 
感染を予防するワクチンについては昨年度の型からの変更が少なかったため、生産に大きな影響がなく、供給量が増えてくると見込まれております。
厚労省からも発表がありましたが、今年度のワクチンの型は次のようなものになります。

・A/Brisbane(ブリスベン)/02/2018(IVR-190)(H1N1)pdm09
・A/Kansas(カンザス)/14/2017(X-327)(H3N2)
・B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
・B/Maryland(メリーランド)/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)


下記に、当院のインフルエンザ予防接種の運用方針を示しておりますので、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

■予約
インフルエンザ予防接種についてはご予約なしでご来院くださいませ。
混雑時はお待たせする可能性もございますが、予めご理解賜れば幸いでございます。

■一般外来の方
1回 3,500円(税込)にて窓口にてお支払いいただきます。

■お勤めの企業経由でご来院の方
事前に企業様経由で「専用の予診票」をお配りしております。
ご来院当日は必ずこちらの予診票をご持参くださいませ。
お忘れになった場合は、一般外来と同じく、3,500円(税込)を窓口にてお支払いいただく形となります。
ご不明な点はお勤め先の、ご担当者様にお問い合わせください。

■健康保険組合の補助券をお持ちの方
補助券を利用希望の方は、保険証と合わせて、ご来院当日に必ずご持参くださいませ。
お忘れになった場合は、ご提供金額を窓口にてお支払いいただく形となります。
後日持参の場合のご返金は不可となりますため、予めご了承のほど何卒よろしくお願いいたします。

■健康診断の受診日とは別日に予防接種される方
当院受付の外来側ではなく、健診側にて手続きをお願いいたします。
受付にて、「健康診断の後日でインフルエンザ予防接種にまいりました」とお伝えいただけるとスムーズでございます。


冬に向かって、院内は大変混雑してくる可能性がございます。予めお時間に余裕をもってご来院いただければ幸いでございます。
ご理解、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.09.24更新

秋の健康診断の時期になりましたが、皆さま、今年度の健康診断は、もうご受診されましたか?
私は、再来週の受診の予定です。
1年に1度の健康を見つめ直す機会ですので、是非、活用してください。


さて、多くの健康に関するデータをみていて、より健康に生活するにはどうしたら良いのかを考えていましたが、この夏より、当院独自の物として、「漢方茶」の提供を開始しました。


私は、元々、急性期医療の現場にいた時も、西洋医学の薬だけでは、中々うまく治療でいない時にも、漢方が著効するような事もあり、漢方の力を実感していました。この漢方の力を、持続的に服用しても安全で、もっと簡便に日常生活に取り入れる事ができたらと思い、代謝を亢進し免疫力を向上させる成分を中心に、院内で調合し、お茶のパックにしました。


私自身も、なかなか運動する機会を作れなかったのでお腹周りが気になっていましたが、「漢方茶」を普段の生活に取り入れる事で、お腹周りの気になる部分が解消されてくるといった効果を実感しています。また、例年は夏の疲れから、この時期に胃腸の調子が悪くなり、免疫力が落ちて、体調を悪くすることが多かったのですが、私の身体に「漢方茶」が合うのか、今のところ、そのような体調不良は起きていません。


これから、寒くなり少しづつ外来にはインフルエンザの方もみえてますが、代謝亢進と免疫力向上に、漢方の力を利用してみてはいかがでしょうか?


漢方茶のご紹介はこちら 「【飲みやすい】漢方茶で脂質燃焼」

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.09.19更新

当院では、7/1より漢方内科にて、「漢方茶」のご提供を開始しております。
漢方は、治療に対する人間のからだの反応を土台に体系化した医学で、古代中国に起源をもち、その経験医学が日本に導入され、日本独自の伝統医学として発展してきました。

しかし、漢方薬が飲みにくい方は多いのではないでしょうか。
当院では、あらかじめ漢方薬をお茶のような液状に加工して、液体パックに詰めた形でご提供することで、飲みやすい工夫をしております。
生薬の力で脂質が燃焼されるだけでなく、空腹感を抑制、食欲減少も期待できます。疲労感・冷え性にお悩みの方にもおすすめです。

トライアル(1日3パック✕3日分) 1,500円(税抜)

漢方茶

●効果効能:食欲減少、脂質分解・燃焼、疲労回復、冷え性改善

お気軽にお問い合わせ下さい。

03-4579-9011

案内ガイダンスに従い、2番を押し、漢方内科についてお問い合わせとお申し出下さい。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.09.18更新

今回は、“衛生管理者”についてご説明します。

 

■衛生管理者導入のタイミングは?
常時50人以上の労働者を使用する事業所ごとに、衛生管理者を選任しなければならないとされています。

 

■衛生管理者の職務内容は?
衛生管理者は労働安全衛生法に規定された、労働条件・労働環境の衛生的改善と疾病の予防・処置等を担当し、事業場の衛生の管理を行います。

主な職務内容は4つございます。
① 労働者の危険または健康障害を防止するための設置に関すること
② 労働者の安全または、衛生のための教育の実施に関すること
③ 健康診断の実施、その他健康の保持増進のための設置に関すること
④ 労働災害の原因の調査及び再発防止対策に関すること

具体的には、衛生管理者は少なくとも毎週1回は作業場の巡視を行い、健康相談・健康保持に必要な事項に関する業務を行います。

 


■衛生管理者の選任時期は?
選任するべき事由が発生した日から14日以内に選任しなければならないとされています。
現在の従業員数が40名程度の企業は、次年度の新入社員を見込み、
産業医の導入と同じタイミングで衛生管理者も前もって選任するケースが多くございます。
また多くの企業では、「公平な態度で従業員に接することができるとされている人事部内の社員」を衛生管理者に選任することが多くございます。

 


■衛生管理者を選任しなかった場合の罰則は?
労働安全衛生法により、衛生管理者を選任すべきである事業者が選任をしていなかった場合は50万円以下の罰金が課される場合がございます。
※詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。
 ◯https://00m.in/XH4Qv

 

★MYメディカルクリニックでは、衛生管理者や産業医・ストレスチェックの導入についてのフォローを渉外担当が行っており、企業の健康管理をサポートしております。

産業医が導入できていない、健康診断・産業医・ストレスチェックを一括で管理したいなどのご要望がございましたらお気軽にMYメディカルクリニックにご連絡くださいませ。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.09.09更新

今日は9月9日。
救急の日であります。

みなさんは急に具合が悪くなり、病院に受診したことはありませんか?
またいざ受診しようと思っても、どの病院に行ったらいいのか、迷った事はありませんか?

近くのクリニックや診療所に行く、もしくは総合病院や大学病院など大きな病院に行く、ネット検索をして受診することが多いのではないでしょうか。

それぞれのクリニックや病院の特徴ですが、
★クリニックや診療所は、入院施設はなく帰宅可能な患者の対応が可能です。
また診察でさらなる検査や治療の必要性を判断します。

★総合病院はクリニックでは検査対応不可能な検査が可能であったり、入院や手術が必要な患者の対応が可能です。

★大学病院や救命救急センターは生命に関わる重症患者が対象です。

普段病院に受診したことがない人は自分がどの病院に行ったらわからないと思いますし、自分の症状が軽症なのか?重症なのか?判断は難しいと思います。


しかし、急な発熱、胃痛や腹痛、胸痛など急に辛い症状が出ると不安になりますよね。

それぞれの症状は、様々な病気が疑われます。
発熱は風邪、インフルエンザ、食中毒、腎盂腎炎、胆嚢炎、髄膜炎‥‥他にも発熱する病気はたくさんあります。

長引く咳は喘息、マイコプラズマ肺炎や結核、他‥‥

胃痛は胃潰瘍、アニサキス疑い、他‥‥

腹痛は腸炎、虫垂炎、胆石、ノロウイルス疑い、他‥‥

胸痛は狭心症や心筋梗塞、気胸、肋間神経痛、他‥‥

など、一つの症状でも様々な病気が考えられます。症状の原因は何かを明らかにするために、採血やレントゲン、エコー検査、他インフルエンザ等の迅速検査を行うことで原因がわかります。

当クリニックでは前述した検査が常時対応可能です。

様々な検査を行い症状の原因が判明した時、さらに検査や治療、手術が必要となった場合、マイメディカルクリニックは入院施設がないため、東京慈恵会医科大学附属病院や日本赤十字社医療センターに紹介受診も行なっております。

また当クリニックは土日の夜間、祝日以外は開院しており、他のクリニックや診療所が閉まっている時間帯も診察可能です。

9月に入り暑い夏が終わり、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。また秋の花粉が飛散する時期ですので、アレルギー症状でお困りは方もマイメディカルクリニックをご利用ください。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.08.27更新

今回は超音波(エコー)検査についてお話しいたします。
超音波検査はベッドに寝て頂き、検査部位にゼリーを塗って装置をお体に当てて画像を撮る苦痛が少ない検査です。
レントゲンやCTのような放射線の被ばくもなく、狭い装置に入れられることもありません。

 

当院では健診時に腹部・乳房・甲状腺の超音波検査を受けて頂くことができます。
受診されるコースに入っていない場合も、オプション検査として追加して頂くことが可能です。

 

腹部超音波では肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓・腹部大動脈を中心に、上腹部の病変の有無を調べます。
乳房では乳がんの他にも良性腫瘤や乳腺症などの所見が発見できます。
甲状腺はサイズの評価、腫瘤の有無の確認等を行います。
健診ではいずれの部位も、無自覚な病変を早期発見する契機となることが多いです。

 

超音波検査は画像を撮りながら、リアルタイムで病変の有無を確認していきます。
術者の経験と知識により検査結果に差が出てしまうことがないよう、担当技師の精度向上に努めています。
日本超音波医学会認定の超音波検査士試験に合格した技師が中心となり育成を担当し、充分な研修期間を経たのちに独り立ちをしています。
院内研修の他に院外研修会や各種学会にも積極的に参加し、技術のアップデートを行っています。

 

当院で腹部超音波検査を受けられた多くの受診者様から「検査時間が長いけど、何かあるのですか? ((;゚Д゚))) 」と聞かれます。
仰臥位(仰向け)のみで検査を行う施設も多いですが、当院では必ず両側臥位(横向き)の体位変換を行い、さらに必要であれば座位での観察も追加して、見落としを少なくする努力をしています。
日本人間ドック学会等が作成した「腹部超音波健診判定マニュアル」には、「5分以下では精度に問題がある」と記載されています。
少し時間はかかりますが、「MYメディカルクリニックを受診してよかった」と思って頂けるような検査を追求する私達の取り組みをご理解頂けますと幸いです。
今後は血管領域や循環器領域の検査にも対応できるようにしていく予定です。

 

まだ超音波検査を受けたことがない方は、次回受診の際に一度受けてみてはいかがでしょうか。
臨床検査部一同、お待ちしております!

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.08.19更新

 今回はピロリ菌感染についてご説明します。

 『ピロリ菌』多くの方が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。オーストラリアのバリー・マーシャル博士らが胃炎や胃潰瘍の原因が胃のピロリ菌感染であることを証明し、2005年にノーベル生理学・医学賞を受賞したことで日本でも広く知られるようになりました。現在ではピロリ菌感染が胃がん発症の最大の原因であることもわかっています。

 ピロリ菌はヘリコバクター・ピロリという細菌で、しっぽの様な長い鞭毛(べんもう)をくるくると回転させながら胃粘膜表面の粘液中を移動します。通常細菌は胃酸の強い酸性環境下では生きてはいけませんが、ピロリ菌は胃酸を中和する能力をもち胃の中で長期間生育・増殖します。ピロリ菌が胃粘膜に定着するとCagAなどの発がん毒素を粘膜細胞内に注入し、そこから炎症がおこり、慢性胃炎(萎縮性胃炎)や胃潰瘍・十二指腸潰瘍、そして胃がんが引き起こされると考えられています。

 

●感染経路・感染率
 主に幼少期(~5歳)までに井戸水や家族からの食事の口移しなどによって口から感染するといわれています。日本では衛生環境の改善によりピロリ菌感染率は減少してきていますが、20歳~30歳代の若年者でもまだ10%~20%程度の感染者がいると考えられており、年代が上がとその割合も上昇する傾向にあります。

●早期診断・早期除菌が大切
 胃粘膜の炎症が進行する前の早期の除菌ほど胃がんの予防効果が高いことがわかっています。また次世代への感染拡大防止のため、子を持つ前の世代での除菌が推奨されており、中高生の感染スクリーニング検査および除菌治療を実施している自治体が増えています。

●当院におけるピロリ菌検査法
 当院では健診・人間ドックにおいて主に血清ピロリ菌抗体検査で感染スクリーニングを行っています。陽性(10 U/ml以上)ではピロリ菌の現感染および既感染(除菌済みの方でもしばらくは抗体は高い値が続きます)が考えられます。
 陰性であっても陰性高値(3~9.9 U/ml)の方ではその10%~20%程度でピロリ菌感染者がいると報告されており、その場合には内視鏡検査や尿素呼気試験、便中ピロリ菌抗原検査など複数の検査を組み合わせることで診断の精度を高めることが推奨されています。
 一般的には、バリウムによる胃部エックス線検査でも胃粘膜の不整像によりピロリ菌感染による慢性胃炎を疑う事ができますが、胃粘膜を直接観察する内視鏡検査と比較すると細かな病変に対してはどうしても診断の精度は低くなってしまいます。

●除菌方法
 保険診療で除菌を行う場合には、事前に内視鏡検査を受けることが条件となっています。胃の炎症の程度や胃潰瘍、胃がんが疑われる病変の有無など現在の胃の状況を把握する事はとても重要です。
 標準的な除菌方法はアモキシシリン、クラリスロマイシンの2種類の抗菌薬とプロトンポンプ阻害薬(PPI)もしくはカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)という1種類の胃酸を抑える薬剤の計3種類の薬剤を朝夕食後で7日間内服します。現在、P-CABを用いた治療での除菌成功率は90%以上と報告されており、当院でもP-CABを用いた除菌法(ボノサップパック)を第一選択で行っています。
 除菌薬内服後の6~8週間後に尿素呼気試験により除菌効果判定を行いますが、除菌不成功の場合には抗菌薬を変更し2次除菌を行う事で除菌効果が期待できます。
薬剤アレルギーのある方は事前に担当医にご相談ください。

●除菌後の対応
 成人では口から新たにピロリ菌が侵入し再感染することはほとんど起こりませんが、除菌成功の診断に至った後も少量のピロリ菌が胃内に残っており時間がたつと再陽性化する例が報告されており、頻度は年0~2%程度とされています。すでに炎症が進んでしまっているケースなど除菌成功後でも胃がんが見つかる例もあり、上記の再陽性化の問題からも、内視鏡検査などによる定期的な胃の検査・観察をお勧めしています。

 

 特にまだ一度もピロリ菌検査を行った事のない方、以前ピロリ菌感染と診断されたがまだ除菌を行っていない方、胃の痛み・不快感など消化器症状のある方は健診時や外来診察時にご相談ください。

 

●関連記事
「新型内視鏡システムの導入とAI(人工知能)による診断サポート研究に参加します」

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.08.12更新

皆さん、こんにちは。

梅雨がやっと終わったと思いきや、あっという間に夏が到来しましたね!

今年は気温が35℃前後まで上がる日も多く、体温の調整も難しいですよね。
熱中症になった方々のニュースもよく拝見するものです。
外に出る方は日傘や飲み物などを持ち歩いて下さいね。

そして...
気づいたらもうお盆休みです。
今年の夏はどのようにお過ごしの予定ですか?
この連休で旅行に行く方もいると思います。

特に海外に行く方は、渡航前には必ずワクチン接種をお忘れなく!
せっかくの楽しい旅行で病気になったり、入国できなかったりしたら、とても勿体ないですね。

気になる方は厚労省のURLから渡航先で必要なワクチンを調べてみて下さい。
実は滞在期間や入国によって接種するものは違ってきます!
https://www.forth.go.jp/index.html

また、当院ではお盆も開院しております。
体調が優れない方や必要なワクチンがある方は当院をご利用下さい。

2019年度のお盆期間は下記の開院時間になります。

8/10(土)通常開院

8/11(日)休診

8/12(月)午前のみ 9:00〜13:00(12:30受付終了)

8/13(火)午前・午後のみ 
午前9:00〜13:00(12:30受付終了)
午後13:00〜17:00(16:30受付終了)

8/14(水)午前・午後のみ 
午前9:00〜13:00(12:30受付終了)
午後13:00〜17:00(16:30受付終了)

8/15(木) 午前・午後のみ 
午前9:00〜13:00(12:30受付終了)
午後13:00〜17:00(16:30受付終了)

8/16(金)通常開院

暑い季節となりましたが、お体にお気をつけてお過ごしくださいませ。
どうぞ何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2019.08.05更新

皆さんは肝炎という言葉を聞いたことはありますか?
肝炎は肝臓に炎症が生じる疾患です。肝炎を理解する前に肝臓の役割をご説明します。

肝臓には主に3つの役割を持っています。

①タンパク質の合成。栄養の貯蔵
②有害物質の解毒・分解
③消化に必要な胆汁の合成・分泌

となります。肝臓はヒトの体で最も大きいな臓器です。なんと体重の1/50程度を占めていると言われています。

さて、このような重要な役割を担う肝臓の疾患である肝炎ですが、日本ではその80%がウィルス性の肝炎となっています。

このウィルス性の肝炎ですが、国内でも最も多い感染症の一つとなり、肝炎ウィルスに感染することによって罹患します。主にA・B・C・E型の4種類が知られています。特に慢性化しやすいとされているのはB型ウィルスとC型ウィルスによる肝炎となります。肝炎は治療せずに放置すると、肝硬変や肝がんなどの更に重い疾患に繋がりますので、予防及び早期発見・早期治療がとても重要です。

【B型肝炎】
HBV(B型肝炎ウィルス)に感染することで発症します。主な感染経路は、
・輸血や注射針の使いまわし
・性行為
・母子感染
となります。日本のB型肝炎の患者・感染者は110-140万人いると推定されています。

【C型肝炎】
HCV(C型肝炎ウィルス)に感染することで発症します。主な感染経路は、輸血や注射針の使いまわし等です。大人になってからウィルスに感染しているヒトの血液に接した際に、HCVはHBVよりも感染しにくいのですが慢性化しやすく、肝硬変や肝がんに移行する割合も高いことがわかっています。日本のC型肝炎の患者・感染者は190-230万人いると推定されています。なお、肝がん患者の約70%はC型肝炎が要因と言われています。


肝炎ウィルスに感染しているかどうかは、血液検査で調べることができます。採血は短時間で済み、数週間で結果がでます。


各自治体でも肝炎ウィルス検診を行っていますので、下記より確認してみてはいかがでしょうか。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kensui/etc/kanen/pdf/31kanenitiran.pdf


もちろん、当院でも対応が可能です。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

前へ