ペルー(Peru)

 説明
地域概要 日本で一番有名なのはマチュピチュですが、古代遺跡以外にも今もなおほぼ手付かずの自然が残っていたり、高地があったり、自然豊かで独特の文化のある国と言えるでしょう。
生水や水道水は飲水には適していないため、ミネラルウォーターなどをおすすめします。
医療情報

ペルーの健康保険に加入している者を対象とした病院(EsSalud)と誰でも受診できる公立病院(MINSA)、私立病院の大きく3つに分類できます。
 地方と首都では状況が異なり、地方年には設備の不十分な公立病院しかない場合もあります。また、一般の公立病院(MINSA)は必要最低限の設備も十分でない場合があるそうです。
健康保険病院(EsSalud)は比較的設備は整っていますが、医療レベルは高いとは言えず、医師の一部しか英語を解さない場合があり、初診で診療を受けることは現実的にはかなり困難と思われます。
リマや大都市には外国人などを対象とした私立病院があります。これらの多くは清潔感があり、設備も比較的整っています。受付などで英語が通じる場合もありますが、医師によってかなりの差がありますので注意が必要です。

気候 海岸地帯、山岳地帯(アンデス山脈)、森林地帯(アマゾン地域)などの気候があります。
首都リマは海岸地帯で年間の平均気温は20度ほど、年間を通じてほとんど雨が降りません。夏(11月~4月)は晴れの日が多く、冬(5月~11月)は曇りがちです。
山岳地帯は高地にあり、日中と朝晩の気温差が大きく、5月~8月は氷点下と記録することもあります。
宗教 カトリック教など
文化 言語は主にスペイン語が使われています。日系人など様々な国を祖先に持つ人が多い国のようです。マチュピチュ、ナスカの地上絵など古代文明の遺産が日本でも人気となっています。
気をつけたい感染症 A型肝炎、デング熱、ジカ熱、黄熱、マラリア
推奨する予防接種 破傷風、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、黄熱