中国(China)

 説明
地域概要 日本から比較的近く、香港を中心に日本からも多くの人が訪れる国の一つです。広大な土地と豊かな自然、文化遺産も有名な中国ですが、食中毒や狂犬病などの報告も上がってきているので注意が必要です。
また、チベットなど標高の高い地域に行く場合には、高山病にも注意が必要です。
医療情報 北京では外国人専用外来をもつ中国系総合病院や、英語や日本語で先進国同様の医療が受けられる外資系クリニックがあります。上海でも日本語の通じるクリニックがいくつかあるようですが、地方都市では外資系医療機関はなく、医療レベルも十分ではありません。
経済成長とともに都市部の医療レベルは進歩していますが、それに伴い高額な医療費がかかります。受診前に支払いを求められることもありますので、万が一のことを考え、旅行保険への加入を検討しましょう。
気候 中国は日本の約25倍の国土で、気候も北部の寒帯から南部の熱帯まであります。主に大陸性モンスーン気候に属し、毎年9月から翌年の4月までは、乾燥した冷たい風がシベリアとモンゴル高原から吹くため、南北の温度差が非常に大きくなっています。北京では、夏は気温40度を越え、冬は零下10度を下回ることもあります。
宗教 仏教・イスラム教・キリスト教など
文化 中国は四大古代文明の一つで、世界にも影響を与える長い歴史と独特な文化があります。日本でも、漢字や中華料理など中国の影響を受けたものも多く見られます。
広大な地域には様々な気候、文化があり、食文化も北京料理や上海料理など様々なものが見られます。
気をつけたい感染症 食中毒、赤痢、腸チフス、狂犬病、鳥インフルエンザ、マラリア、住血吸虫症
推奨する予防接種 A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病(犬や野生動物との接触が予想される場合)、日本脳炎(農村部に長期滞在する場合)