アルゼンチン(Argentina)

 説明
地域概要 自然豊かな国立公園や州立公園があり、独特の町並みや建造物も人気の国です。一方で、日本人観光客を標的とした盗難や、屋台などの食品や水などの衛生面には注意が必要です。
医療情報

首都圏では衛生状態もよく、先進国並みの医療機関もあるようです。外来は指示された検査をそのつど支払い、検査部門で証明書を提出し検査を受けるシステムです。また,緊急検査以外は結果が出る頃に予約し、再度出向く必要がある場合もあるようです。診療所が自前の検査機器を持っておらず、大病院や検査センターで検査を受けて再受診することになります。
医師は英語を話せる場合もありますが、受付や医療従事者はほとんどスペイン語しか話しません。

気候 アルゼンチンは縦に長いため、国の中でも気候が異なります。首都ブエノスアイレスとチリの首都サンティアゴは、四季があり、比較的おだやかで過ごしやすいですが、一年を通じて昼夜の気温差が大きく、夜間には肌寒くなる日もあります。また、季節の変わり目には突然の雷雨もあります。
宗教 カトリック教など
文化 ラテンアメリカ諸国では、強くヨーロッパ的な文化を有する国とされており、町並みや建造物にもそれを見ることができます。タンゴなどの文化とともに、イグアスの滝など豊かな自然でも有名です。
気をつけたい感染症 食中毒や、細菌性赤痢、腸チフス、A型肝炎、黄熱、マラリア、デング熱、シャーガス病、ハンタウイルス肺症候群、エキノコックス症、狂犬病など
推奨する予防接種 A型肝炎、B型肝炎、破傷風、黄熱、狂犬病