トラベラーズ外来

 トラベラーズ外来

海外へ旅行・赴任される方およびそのご家族が対象です。
健康診断・予防接種など海外渡航前に必要な医療サービスを、ワンストップでご提供いたします。渡航先や目的によって予防接種の種類はさまざまです。

ワクチンによっては、期間をあけて数回接種する必要のあるワクチンもあります。海外渡航前には、余裕をもって予防接種を受診ください。

※当院でのワクチン接種について
・必ずお電話での事前予約が必要となります。予約時に接種希望のワクチン名をお知らせください。
・キャンセルは原則禁止です。ワクチン発注の関係上、キャンセル料が発生する場合がございます。
・体調不良でリスケの場合はお早めにお電話くださいませ。
・当日接種は原則禁止です。インフルエンザワクチンのみ当日接種可能です。
・上記のワクチン以外に関してはお問い合わせください。
・各感染症の発生地域については、厚生労働省検疫所”FORTH”等々をご確認ください。
・中学生の方の接種には保護者同席をお願いしております。

 0日1週間2週間3週間4週間5週間6週間7週間8週間5ヶ月6ヶ月12ヶ月18ヶ月24ヶ月
A型肝炎 初回   2回目           追加
B型肝炎 初回       2回目         追加      
狂犬病 初回       2回目           追加    
風疹 初回                          
麻疹 初回                          
MR 初回                          
髄膜炎 初回                          
インフルエンザ 初回                          

 

※上記は一例です。患者様の渡航先に合わせてご案内します。

 

病名各種の原因予防接種ワクチン金額
A型肝炎 A型肝炎ウイルスは人や動物の糞便に存在しており、経口感染します。
感染経路はウイルスに汚染された水や食物にまで及ぶため、生食を控えることも大切です。感染力が強く、潜伏期は1、2カ月で、風邪のような症状から始まり、灰白色便・発熱・下痢・腹痛・吐き気・嘔吐・全身倦怠感などの症状が出ます。
流行地域へ行かれる際はワクチン接種をし、生水や生ものの摂取を控えることをおすすめします。
エイムゲン

9,720円(税込)

  B型肝炎

B型肝炎ウイルスは、血液による感染がほとんどです。主な感染原因は2つあります。
B型肝炎ウイルスを保有している母親から生まれた子どもといった持続感染と、ウイルス保有者との性的行為によるものです。
一過性感染は、多くの場合、本人に自覚のない無症状か軽度の症状で終わりますが、倦怠感・食欲不振・黄疸・吐き気・腹痛・関節痛といった全身症状が出ることもあります。死亡率は非常に低いですが、6~10%の確率で慢性化し、肝硬変や肝臓ガンに移行する可能性もあります。

ビームゲン

4,752円(税込)

 狂犬病 ウイルスを持っている動物に噛まれることで感染します。狂犬病という名のとおり、野犬に噛まれることによる感染が主です。
しかし、犬以外の動物でも保菌している可能性があるので注意が必要です。発症した場合の死亡率は、ほぼ100%。狂犬病には、ワクチンが有効です。
狂犬病が蔓延している地域で長い間滞在する予定がある際には、あらかじめワクチン接種を受けておくことを推奨しています。
組織培養不活化狂犬病ワクチン

19,440円(税込)

麻疹(はしか)

感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染と、人から人へ感染しやすいのが特徴です。
非常に強い感染力が特徴で、免疫を持っていない人が感染した場合、ほぼ100%が発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続するといわれています。
今のところ効果的な治療法がないため、対症療法としては解熱や咳止め、点滴による輸液や酸素投与となります。一番大切なのは、麻疹の予防接種を子どものうちに受けておくことです。

ビケンCAM

5,616円(税込)

 風疹

ほとんどが飛沫感染です。子どもに多い熱性発疹性疾患で、はしかと同様、軽い風邪症状から始まります。風疹では、37~38℃の発熱と同時に、かゆみがない赤い発疹が全身に出てきます。
リンパ腺が腫れ、発熱・発疹してもほとんどが1~4日でおさまります。有効な治療法がなく、ワクチンの接種による予防が唯一の感染を防御する方法です。小児及び妊娠する可能性のある女性は接種することをおすすめします。
※妊婦や妊娠中の方には接種を行っておりません。妊娠されていない方も、接種後2カ月程度の避妊が必要となりますのでご注意ください。

乾燥弱毒生風しんワクチン「ビケン」

6,048円(税込)

 髄膜炎  髄膜炎は髄膜に炎症が起きる病気です。その原因はウイルスや細菌といった感染やがんなど多岐に渡ります。また、髄膜炎の症状は発熱や頭痛、嘔吐といった自覚症状のほか、項部硬直といった他覚症状などが見られ、最悪の場合は命を落としてしまう危険もあります。
※海外では欧州を始め広く承認を受け使用されていますが、アメリカでは2005年に認可されています。日本では2015年に承認済みのワクチンです。

接種回数:1回
接種対象者:2歳以上55歳以下
抗体価持続期間: 接種後2週間後
接種禁忌者:高熱、急性疾患、過去の接種で危篤な副反応があった人、ワクチン製造過程にてジフテリアトキソイドを使用しているため、ジフテリアトキソイドによってアナフィラキシーを呈したことがある人
 メナクトラ

24,840円(税込)

 百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオ

 ■ジフテリア
ジフテリア菌の感染によって起こる急性の感染症です。感染すると2~4日の潜伏期を経て、高熱、喉の痛み、犬がほえるような咳、激しい嘔吐などが起こります。喉頭部の腫脹のため、窒息死することもあります。また、発病後2~3週間して、ジフテリア菌の出す毒素により心筋炎や神経麻痺を起こすことがあります。しかし、10%程度の人にしか症状が現れず、他は症状の出ない不顕性感染のため、保菌者の自覚のないまま、菌だけまき散らすこともあります。

■百日咳
特有のけいれん性の咳発作を特徴とする急性の呼吸器感染症です。母親からの免疫が期待できないため、乳児期早期から百日咳に感染する可能性があります。1歳以下の乳児、特に6か月以下では、死に至る危険性があるとされています。

■破傷風
破傷風は、破傷風菌(Clostridium tetani )が産生する毒素のひとつである神経毒素(破傷風毒 素)により強直性痙攣をひき起こす感染症である。破傷風菌は芽胞の形で土壌中に広く常在し、 創傷部位から体内に侵入する。侵入した芽胞は感染部位で発芽・増殖して破傷風毒素を産生する。破傷風の特徴的な症状である強直性痙攣は破傷風毒素が主な原因であり、潜伏期間(3 ~21 日)の後に局所(痙笑、開口障害、嚥下困難など)から始まり、全身(呼吸困難や後弓反張など)に 移行し、重篤な患者では呼吸筋の麻痺により窒息死することがある。近年、1 年間に約40 人の患 者(致命率:約30%)が報告されているが、これらの患者の95%以上が30 才以上の成人であった。

■ポリオ
ポリオは、ポリオウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。増えたポリオウイルスは、再び便の中に排泄され、この便を介してさらに他の人に感染します。成人が感染することもありますが、乳幼児がかかることが多い病気です。

 4種混合

14,040円(税込)

 水痘  水痘は「みずぼうそう」と呼ばれる感染症です。風しんやおたふくかぜより感染力が強く、水痘感染した人の「せき」や「くしゃみ」で飛び散った水痘帯状疱疹ウイルスを吸い込むことで感染します。
毎年春先は、入園や入学など新しく集団生活を迎える機会が多い時期です。この時期は水痘にかかりやすいため、特に注意が必要です。
 水痘ワクチン・ビゲン

9,720円(税込)

 ムンプス  流行性耳下腺炎(mumps)は2~3週間の潜伏期(平均18日前後)を経て発症し、片側あるいは両側の唾液腺の腫脹を特徴とするウイルス感染症です。通常1~2 週間で軽快します。最も多い合併症は髄膜炎です。その他、髄膜脳炎、睾丸炎、卵巣炎、難聴、膵炎などを認める場合があります。  おたふく風邪ワクチン

6,048円(税込)