一般外来

診察時に必要なもの/各種診断書について

【初診時に必要なもの】

1.健康保険証
2.医療費助成を受けられる方は医療券や受給者証(*)
3.紹介状(*)
4.健康診断の二次検診希望の方は健康診断結果(*)
5.お薬手帳(お持ちでない方は現在、服用中のお薬をご持参ください)(*)
(*)印は、お持ちの方のみご持参ください。
○診療保険機関により月初めに保険証の確認が義務づけられております。
○保険証の確認が取れない場合は保険診療として取り扱うことができません。また、保険証のコピーもお取り扱いしていません。 この場合、自費診療扱いとなりますが、指定期日内に保険証をお持ちいただければ返金いたします。

【各種診断書について】

1.診断書(病状、休業など) 3,000円(税込)
2.証明書(治癒など) 3,000円(税込)
3.皮膚・癲癇の診断書(美容師、国家試験など) 3,000円(税込)
4.結核の診断書(レントゲン検査あり、美容院管理者など) 5,000円(税込)
5.覚醒剤などの診断書(薬物の尿検査あり、麻薬取り扱い免許など用) 8,000円(税込)

【お待ち時間について】

当院では予約制のため予約頂いた方が優先になります。診察や処置の内容によってはお待ち時間が異なる場合がございますが、平均15分ほど見ていただければ幸いでございます。
完全予約制ではないため、混雑時はお待ち時間が長く、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

一般外来

総合内科

よくあるお悩み・症状
何科を受診したらいいかがわからない、風邪、頭痛、体調がすぐれない。

当院で可能な診療について
風邪、インフルエンザ、花粉症などの診療を行っております。
また、提携先のメディカルスキャニング様、BMA様にてCTなどの精密検査も可能です。 手術・入院など必要な場合は当院提携の病院をご紹介いたします。

糖尿病内科

よくあるお悩み・症状
のどが渇く、トイレが近い、体重が減ってきた、砂利の上を歩いているような足のしびれ、視力低下、症状が落ち着いているが不安。

当院で可能な診察について
診察時に健診結果や検査などを基に患者様一人一人にあったアドバイスをさせていただきます。
現在糖尿病と診断されている方は、体重の増減・食生活・生活週間・血糖値・薬の飲み忘れなどの確認事項を基に治療を継続していきます。

自分での対処方法
食べ過ぎない、野菜から食べる、食事はゆっくり食べる、体重を習慣的に測る、健康診断を受ける、食後の運動(週180分以上の有酸素運動)
※担当医から詳しく説明をさせていただきます。

当院の診療方針
健康診断の結果が不安や、大学病院に通っていたが、ある程度落ち着いている方、 受診時に必要であれば再検査を経て、病状を判断いたします。HbA1cの値が高い人は大学病院へ紹介いたします。

消化器(上部内視鏡)

よくあるお悩み・症状
腹痛、下痢、便秘、嘔吐・吐き気、胸焼け 当院で可能な診療について 腹痛に対しての食事指導、内視鏡・ガンの早期発見、女性の慢性便秘 【急性胃腸炎、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性虫垂炎(盲腸)】

自分での対処方法
自分での対処法としては、 食後はすぐに横にならない、適度な運動やダイエット、なるべくアルコール控える(腸内細菌叢・腸内細菌バランスが崩れてくると病気にかかりやすくなったり、症状が出やすくなってしまうため)
プロバイオティックス(ヨーグルトなど)を摂取する。

当院の診療方針
内視鏡(鼻・口・麻酔)など患者様が選べるシステムを取り揃えております。
下部内視鏡検査、手術・入院が必要な場合は当院連携の病院をご紹介させていただきます。

外科

よくあるお悩み・症状
切り傷、擦り傷、救急外来(止血や骨折)

当院で可能な診療について
切り傷・擦り傷・火傷などの応急処置を行っています。 手術・入院など必要な場合は当院提携の病院をご紹介いたします。

ワクチン

予約時に接種希望のワクチン名をお知らせください。当日接種は行っておりません。

※インフルエンザワクチンのみ当日接種可能です。