健康診断成績表の見方

目次

基準値について

正常値は健康な方を多く集めて得られた検査データの95%の方が含まれる範囲を正常値(正常範囲)と定義しています。このため健康な場合でも、正常値(正常範囲)をはずれる場合があります。
そのため、「正常値」という用語は誤解を招きやすく、当クリニックでは、「基準値(基準範囲)」と表記しています。最終的に異常値が病気によるものなのかどうかは、医師による、総合的な判断が必要になります。
また同じ検査項目でも、検査の方法や単位により正常値・基準値が異なってくる場合があります。他の医療機関での検査結果と比較する場合はその点にご注意ください。

判定区分

検査項目に異常値があった場合でも、それぞれ単独で判定することはありません。すべての項目を総合的に医師が判断し、判定致します。

当院の判定区分
A 異常なし 今回の検査結果範囲においては異常を認めませんでした。
B 軽度異常あるも日常生活に支障なし 今回の検査では、わずかに基準範囲を外れていますが、日常生活に差し支えありません。また精密検査の必要もありません。
C 軽度異常あり 生活習慣を改善して症状等変化がなければ、前回値などと比較し経過観察してください。悪化傾向にある場合や自覚症状等出現時には再検査をお勧め致します。
D 要医療(要受診・要精密検査) 今回の検査では、医療の介入がのぞましい所見が認められましたので、医療機関を受診してください。
E 現在治療中 現在、病院に通院して治療を受けている、あるいは具合の悪い時に病院・医院で 診てもらっている疾病に関する項目です。結果の善し悪しにかかわらず、 必ず今回の結果を主治医と共有してください。

 

2018年度は国の方針により、特定健康診査等実施計画期間が第3期に入り、予防へのさらなる重点化が示されております。従いまして、当院も2018年度より、人間ドック学会の基準値を採用し、また2017年度におけるD(要受診)およびE(要精密検査)を、D(要医療)へ統合いたします。2017年度の結果表をご覧になられている方はご留意くださいませ。

※参考:人間ドック学会2018年度判定区分・基準値

注意事項 1判定欄・結果欄の☓☓☓印あるいは※※※印は、未施行や検体不良などによる測定不能を表します。
2検査結果欄の※印は基準範囲外を表します。
東振協の判定区分
A 異常なし 今回の検査結果範囲においては異常を認めませんでした。
B 軽度異常あるも日常生活に支障なし 今回の検査では、わずかに基準範囲を外れていますが、日常生活に差し支えありません。また精密検査の必要もありません。
C3 軽度異常あり

生活習慣を改善して症状等変化がなければ、前回値などと比較し、3ヶ月間、経過観察してください。悪化傾向にある場合や自覚症状等出現時には再検査をお勧め致します。

C6 軽度異常あり 生活習慣を改善して症状等変化がなければ、前回値などと比較し、6ヶ月間、経過観察してください。悪化傾向にある場合や自覚症状等出現時には再検査をお勧め致します。
C12 軽度異常あり 生活習慣を改善して症状等変化がなければ、前回値などと比較し、一年間経過観察してください。悪化傾向にある場合や自覚症状等出現時には再検査をお勧め致します。
D 受診を必要とします 今回の検査では、医療の介入がのぞましい所見が認められましたので、医療機関を受診してください。
E 精密検査を必要とします 医療機関への受診を強くお勧め致します。
F 現在治療中 現在、病院に通院して治療を受けている、あるいは具合の悪い時に病院・医院で 診てもらっている疾病に関する項目です。結果の善し悪しにかかわらず、 成績表を必ず今回の結果を主治医と共有してください。