健康診断前の注意事項

健康診断における注意事項

①胃部X線および腹部超音波の検査をご受診されます方はご受診までに7時間お食事はお控え頂いております。
 ※午前にご受診の方は前日の夜21時以降のお食事をお控えください。
 ※午後にご受診の方は早めの朝食(軽食)にし、昼食はお控えください。
 当日は水・お茶などコップ1杯程度であればお飲み頂けますが、その他タバコ、ガム、飴などもお控えください。
 残渣があると正しい検査が行なえません。

② 胃部X線の検査を自己都合でキャンセルされる方は、案内が届いた時点で当院までご連絡ください。
(MYメディカルクリニック TEL:03-6452-5101)
なお21時以降のご連絡は、clinic@mymc.jpまでお願い致します。

③ 眼底・眼圧の検査をご受診される方で、コンタクトレンズ(カラーコンタクト、サークルレンズを含む)を着用されている方は、コンタクトレンズ保存液とケースのご持参をお願い致します。
当日お忘れの方、または外せない場合は検査ができない場合がございます。

④ 当日に体調不良等でキャンセルをされる方は、当院までご連絡ください。ご連絡なく、予約時間を30分過ぎた場合はキャンセル扱いとなりますのでお気をつけください。尚、当日の無断キャンセルは厳禁とさせて頂いております。
また、予約変更の場合は再予約の日程が1カ月以上先のご案内になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

⑤ 刺青、タトゥーを入れている方は他のお客様に見えないよう事前に無地のTシャツ(ボタン等がないもの)を着て頂き、その上から検診着をご着用ください。
 ※他のお客様の前では裸にならないようお気をつけください。

⑥ 妊娠中、または妊娠の可能性がある方は、胸部X線検査、胃部X線検査など放射線を扱う検査はご受診頂けません。案内が届いた時点で当院までご連絡ください。

⑦ 血液検査が項目に含まれる方は、10時間はお食事を控えて頂いております。

⑧ オプション検査を変更される場合は、案内が届いた時点でご連絡をお願い致します。(ご追加の場合は当日まで承っております。)

⑨ 検便容器は2本入っているので(2日分)別々の日で採取をし、冷暗所で保存してください。

⑩ ペースメーカー等が体内に入っている場合は事前にお申し付けください。

⑪ 婦人科検査をご受診された方は通常よりも結果発送にお時間を頂く可能性がございます。

⑫ご受診頂く検査内容によって順番が前後するケースがございます。
 
※その他ご不明点などございましたら、クリニックまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

胃のバリウム検査(透視検査)を受けられる方へ

バリウム検査の目的は「胃がん、胃潰瘍などの疾患の早期発見」です。
胃疾患の早期発見や円滑な検査のために、以下に注意し、ご協力ください。

受診前の注意

バリウム検査は消化不良の食べ物や胃液があると、精度の高い検査が行えません。

必ず食後7時間以上空けた状態で受診して下さい。

受診当日の朝は、飲食禁止です。受診前日は、午後9時を目安に夕食を済ませて下さい。 ※午後からの検診の方は、朝7時までに、消化の良い軽い食事(おかゆ、トースト等)を済ませ、以後は絶飲食として下さい。
◆控えるもの(脂肪分の多い肉、魚、バター及び、繊維分の多い野菜、アルコール、タバコ)

のどが乾いた時は、水で口をすすぐ程度にしてください。
※当日の歯磨きは問題ありません。

受診当日は、あめ、キャラメル等も食べないで下さい。又は、タバコも吸わないで下さい。
※ただし、夏場等、脱水症状が起きる場合があります。
水、お茶は検査3時間前までに300ml飲用しても構いません。
妊娠の可能性がある方や妊娠中の方の検査は行っておりません。授乳中の方の検査は可能です。
日本語の理解または簡単な英語の理解が難しい方は検査ができませんのでご了承ください。
胃切除された方、治療中の方、腹部の手術をされた方、耳・体の不自由な方は、撮影方法や読影・判定にあたっての考慮が必要となりますので、検査前に必ず係員に申し出て下さい。
検査後はバリウムの影響で便秘になりやすいため、緩下剤を当日受付でお渡ししています。尚、普段から便秘気味の方には、多めに緩下剤をお渡ししていますので申し出ください。
検査後は緩下剤の説明文をよく読み、水分を多く摂取して下さい。
原則、人間は午前中交感神経優位であり、朝早ければ早いほど、消化管の運動は鈍いです。従って胃液の分泌量も少な目となり、検査に適しています。このような理由から午前の検査をお勧めしております。
どうしてもと言う方には、午後の検査も可能ですが胃液の量によって、検査の質が低下する場合がございますので、ご了承ください。
※連絡なしでバリウム検査の予約時間30分過ぎた方は自動的にキャンセルになりますのでご注意下さい。
※バリウムの検査を予約している方でバリウムが苦手でどうしても飲みたくないという方は前日までに必ず連絡してください。

胃内視鏡を受けられる方へ

検査前日

夕食は午後8時ごろまでに済ませ、それ以降は何も食べないでください。
水分はお摂り頂いてかまいません。アルコールは避けてください。
普段から夕食後、就寝前に薬を服用している方は、いつもと同じように服用してください。

検査当日

朝から禁食となります。必要な水分は摂取してください。(最小限)。
毎朝、高血圧や心臓病の薬を服用されている方は、朝起きたらコップ一杯の水で服用してください。
糖尿病で、インスリン自己注射又は血糖降下剤を服用している方は、インスリン自己注射、血糖降下剤の服用はしないでください。
眼鏡、取り外せる義歯はあらかじめ外してください。

検査後

飲水、食事等は30分以上経過してからお摂りください。
検査で色素を使った場合、胸やけが生じたり、尿・便・唾液に色が残ることがありますが、心配ありません。
心配なことがある場合は当クリニックまでお電話くださるようお願い申し上げます。
予定の日時に来院できない場合は、お早めにご連絡ください。

婦人科検診を受けられる方へ

受診時の注意点

生理中(月経2日目など経血の量が多いとき)は結果が正確に反映されない場合があります。
心配な方は後日検査をおすすめします。事前にお申し付けください!
性交渉の経験がない方
子宮頸癌の原因のほとんどが性交渉によるものです。
子宮頸部細胞診は性交渉の経験がないと検査時に苦痛を伴う上に異常なしの確率が99%と言われておりますので検査の有無はご自身でご判断ください。
ただし、30歳以上の方では子宮頸癌以外の婦人科疾患が存在する可能性があります。
一度、超音波の検査などを受けられることをおすすめします。
診察後に軽度の出血があることがありますので、心配な方はナプキンの持参をお願い致します。

オプションについて

子宮頸癌検査の際にHPV検査、経腟超音波検査を併用されると検査精度が上がります。当日でもオプションの追加はできますのでお申し付けください!
経腟超音波をオプションで行う方は検査前に排尿を済ませてください。

オプション価格(税込)
HPV検査 5,400円
経膣超音波検査 4,320円

※当検診センターでは検査結果で細胞診異常と判定された方は医師との無料面談を実施しております。
無料面談のご予約の際はTEL:03-6452-5210までご連絡ください。