クリニックブログ

2018.01.16更新

2015年の日本政府観光局のデータによると、上位5地域は
米国⇒中国⇒韓国⇒台湾⇒タイ
の順となっています。近年では、アジア諸国を訪問する者が増加傾向にあります。

当院でも最近は訪日される外国人の方の来院が増加傾向にありますが、日本からの渡航者で海外において体調崩された方は少なくないのではないでしょうか。一般的に、発展途上国に1ヶ月以上滞在した場合、何らかの健康問題が起こる頻度は50~60%と言われています。さらに、実際に疾病にかかる頻度は20~30%と言われています。罹患する疾病では感染症が最も多い状況です。

感染症を予防するためには、ワクチンの予防接種が有効な手段となります。海外渡航者の予防接種ですが、

・国際的に摂取証明書が必要なワクチン
黄熱
髄膜炎菌

・渡航国や地域に応じて推奨されるワクチン
A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、狂犬病、ポリオ、大熱、腸チフス、髄膜炎菌、これら、ダニ媒介性脳炎

上記等が挙げられます。(当院では現在のところ黄熱のワクチンには対応しておりませんので、こちらをご参照ください。http://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html )

また、ワクチンを選択する際に重要な指標を当院では下記のように考えております。

① 渡航者の状況
・年齢/性別
・健康状態/基礎疾患
・禁忌事項の有無
・予防接種歴
② 渡航先
・渡航国(制度や法律、現地の医療状況)
・渡航目的/渡航期間
・出発までの期間
③ ワクチン
・効果/副反応
・摂取回数
・コスト
④ 疾患/感染症
・流行状況
・罹患率/致死率
・治療可能性

上記を加味して、摂取ワクチンとその摂取スケジュールの調整をしてプランニングを致します。

ここで注意が必要なことは、ワクチンの下記に当てはまる摂取不適当者の場合は摂取を行なっておりません。

・明らかな発熱を呈している者(※37.5℃以上)
・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
・該当ワクチン液の成分により、アナフィラキシーを呈したことが明らかな者
・麻疹、風疹などの生ワクチンの接種対象者では、妊娠していることが明らかな者
・BCGの接種対象者では、外傷などによるケロイドが認められる者
・その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある者
等です。

当院でのトラベラーズ外来では摂取前の予診票への記載と医師の問診から判断して、上記のような場合は摂取をお断りしております。

これからの季節は、卒業旅行、海外赴任等で海外へ渡航される方が増加しますが健康で楽しく過ごすためにも適切な予防接種を行うことを当院では推奨しています。

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.12.28更新

■ノロウイルスとは??
ノロウイルスは感染性胃腸炎の原因となるウイルスで、インフルエンザと同じく特に冬場に流行します。
人の小腸粘膜で増殖し、少量のウイルスでも感染・発症する感染力の強いウイルスです。
体力が低下した時や基礎疾患(元々もっている慢性的な病気)を持つ方、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者が重症化しやすく注意が必要です。


■主な感染経路と症状は?
・ノロウイルス感染者の便の中に含まれるウイルスが手などに付着し口から感染する場合
・吐物から飛沫感染する場合
・食品を取り扱う者の手から食品にウイルスが付着し、それを食べて感染する場合
・生や加熱不十分の牡蠣などの貝類を食べることによって感染する場合

主な症状としては、吐き気、腹痛、嘔吐、下痢があります。

■主な予防方法は?
・石鹸と流水で30秒以上かけてよく手をあらう。手拭きは共有タオルの使用を避けペーパータオルなどを使用する。
・食品を十分に加熱する。調理器具などの洗浄・消毒。生野菜などは十分に水洗いする。
・吐物の処理は使い捨てビニール手袋と使い捨てマスクを着用し行う。吐物を拭き取り後は塩素系消毒剤で消毒する。


■ノロウイルスに感染したら出勤停止??
ノロウイルスは感染した場合の出勤停止期間などは国で定められていません。
会社の判断に委ねられているため、医療機関を受診し医師と相談をした上で会社の指示を仰ぐ必要があります。
ノロウイルスは前述のとおり少量のウイルスでも感染・発症するため、症状があるにも関わらず自己判断で出勤などをすると集団感染になる可能性が高くなります。
とくに飲食店に勤務している方などは食品などから感染を広げてしまうことになり、ご自身が感染源となり多くの感染者を出すことになってしまいます。

そのようなことを防ぐために、特に飲食に携わる仕事をされている方は予防を心がけ、少しでも症状がある場合や周りに感染者が出た場合は医療機関を受診しノロウイルス検査をすることをオススメします。


■当院のノロウイルス迅速検査
当クリニックではノロウイルス検査にクイックナビ・ノロ2という迅速検査キットを使用しています。
採取していただいた便で検査をし、15分という短時間で結果が出ます。
その結果と合わせ、医師が問診・診察をし診断を行います。

ノロウイルスの感染拡大を防ぐため、日常生活での予防を心がけ
些細ことでも気になる症状がありましたら診察にいらっしゃることをオススメします。

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.07.13更新

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.06.28更新

胃がんになる仕組み

日本におけるガン罹患率では、胃がんがトップであり、がんによる死亡率においても肺がんに並んで2位(胃)を維持し続けていることから、胃がん検診が非常に重要視されています。
胃がんの原因はピロリ菌から生じていると言われ、日本人口の半数以上が保有しているとの分析結果も出ています。

こういったリスクを出来る限り下げるためにも胃がん検診をよく理解し、受診しましょう。

 

検査項目

採血ABC検査(ペプシノゲン検査・ヘリコパクターピロリ抗体検査)
→採血によって、血中のペプシノゲン濃度とピロリ菌の有無を調べ、胃の状態を検査


バリウム検査(胃部X線検査)
→X線に反映されやすい性質のバリウムを飲むことで胃や食道などの動き方を検査
  食道や胃、十二指腸が狭くなっていないかどうかを見る


胃カメラ検査(内視鏡検査)
→食道、胃、十二指腸まで高性能カメラを通じて、直接消化器内の状態を視診できる

【採血】ABC検査
採血によって血中のペプシノゲンとピロリ菌の有無を調べる
胃粘膜の萎縮を調べる

 

検査表

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.06.28更新

■日本と海外の受診率の違い

グラフ

日本の子宮頸がん予防で今最も問題視されているのは、受診率の低さと言われております。先進国22カ国の中で、日本の受診率は23.7%と最低です。これは、検査や病気に対しての周知度の違いや、検査を行う習慣の違いから出ております。国外では当たり前に検査が行われております。

 

■子宮頸がんとは?

子宮イラスト

子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分から発生します。子宮の入り口付近に発生することが多いので、普通の婦人科の診察で観察や検査がしやすいため、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要といえます。

 

■20代で子宮頸がん検査は早い?

「がんの検査なんて、年をとってからで大丈夫」と考えている人も多いのではないでしょうか。実は子宮頸がんは、セックスを介して感染するウイルスが原因であることがわかっております。そのウイルスが「ヒトパピローマウイルス(HPV)」。近年は20~30歳の女性の子宮頸がんが増えており、3人に1人は婦人科系の病気になるとも言われております。その理由の一つに、セックス体験の低年齢化傾向が挙げられます。この対策として、子宮頸がん検診は他のがんより早い20歳から受診対象とされています。
がんの発見が遅れてしまうと、それだけ難しい手術になり、あなたの女性としての人生に大きく影響してしまいます。

 

■検診の目安は?

検診の目安は?

20歳から年に1回の受診をオススメしております。早期発見が大切です。
※当院では内診、子宮細胞診、膣エコーでの検査となります。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.06.28更新

■「定期健康診断」の項目は決まっています!

皆さんが1年に1回会社で受ける「定期健康診断」は、労働者の健康を守るために法律にのっとって実施されています。
また、労働安全衛生規則の第44条に「定期健康診断」で行うべき検査項目が決められているのです。これがいわゆる「法定検査項目」というもので、下のようになっています。

 

■定期健康診断の「法定検査項目」

・既往歴および業務歴の調査
・自覚症状および他覚症状の有無の検査
・身長、体重、腹囲、視力および聴力の検査
・胸部エックス線検査および喀痰(かくたん)検査
・血圧の測定
・貧血検査
・肝機能検査(GOT、GPTおよびγ-GTPの検査)
・血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
・血糖検査
・尿検査
・心電図検査

 

この定期健康診断は「常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回」行わなければなりません。

ただし、医師が必要でないと認める場合には「身長の検査」「腹囲の検査」「喀痰の検査」「貧血検査」「肝機能検査」「血中脂質検査」「血糖検査」「心電図検査」を行わなくて良い、とされています。
⇒データ出典:『厚生労働省』の「労働安全衛生法に基づく健康診断の概要」
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/01/dl/s0119-4h.pdf

 

■健康診断は自由診療

上記の検査項目を見て、毎年受けている健康診断では、いろいろな他の検査も受けているとおもわれる方もいらっしゃるでしょう。
実は、定期健康診断では「法定検査項目」というものが定められており、これは誰もが受診する内容となっているのですが、それ以外の検査については会社や健康保険組合、自治体などが決めています。法定検査項目は国民の健康管理の一環として定められており、これらの項目で異常値が出た方に医療機関は再検査を促し、また会社には健康診断の結果を所轄の労働基準監督署長に報告する義務があります。しかし、法定検査項目のみの場合、病気のリスクについて分かることは実は多くはありません。

■検査項目によって異なる健康診断の費用

法律で定められている定期健康診断の費用は、会社勤務している方はお分かりだとおもいますが、給与から天引きされている健康保険料で賄われています。そこに、会社や会社が加盟している健康保険組合からの補助があれば、法定検査項目以外の検査項目を追加した方もいらっしゃるでしょう。自由診療のため、健康診断の費用は検査内容によって上下し、また実施医療機関である病院やクリニックよっても違いが出てきます。
そして、検査項目が充実した健康診断が「人間ドック」というわけです。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.04.12更新

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿者: 医療法人社団 霞山会