クリニックブログ

2018.05.22更新

最近、当院でも溶連菌感染の疑いの方がいらっしゃっております。
子供の病気という印象を持たれている方も多くいらっしゃいますが、この機会にどのような病気であるか、ご説明いたします。


▼国立感染症研究所ホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/340-group-a-streptococcus-intro.html


■溶連菌とは??
溶連菌とは、A群β溶血性連鎖球菌という細菌です。感染する部位は、呼吸器や皮膚です。具体的には、鼻の粘膜やのどの粘膜、扁桃腺などに感染するのが一般的です。


■主な感染経路と症状は?
溶連菌に感染する原因は、ほとんどがせきやくしゃみなどの飛沫感染だと考えられています。感染すると、2~5日の潜伏期間を経て、発熱やせき、のどの痛みなどの症状が現れます。以下のような症状が現れたら、速やかに医療機関を受診しましょう。

・発熱
・のどの痛み
・頭痛、身体の倦怠感
・イチゴ舌(舌がイチゴの表面のように赤くブツブツした状態になる)
・首のリンパ節の腫れ
・顔や身体に小さな発疹


■主な予防方法は?
溶連菌は、感染力の強い病気です。感染予防のために、手洗い・うがいを徹底しましょう。せきやくしゃみなどの飛沫感染により感染することが多いため、マスクの着用も効果が期待できます。

当院では、溶連菌の迅速検査を保険診療で行っておりますので、気になる症状がございましたらお問い合わせください。


投稿者: 医療法人社団 霞山会

2018.05.01更新

渋谷で働く皆さん、ご体調はいかがですか?飲み過ぎて二日酔いに悩まされていませんか?

二日酔いとはどのような状態なのでしょうか。お酒の飲み過ぎ=アルコールの分解能力を超えた量のお酒を飲むことで引き起こされます。正確にはアルコールの中間代謝物質であるこのアセトアルデヒドは毒性が非常に強く、その毒性により引き起こされる症状です。

まずは、体内のアルコールを早く出すことが有効です。水分を大量に摂取したり、熱いお茶を2杯程度飲むこともよいと言われています。

更に、肝臓でアルコール分を分解するためには、糖分が必要とされていますので、糖分を取ることも有効とされています。そして、肝機能の改善をさせることも有効です。肝臓にはビタミンを蓄える働きがありますので、肝機能の改善にはビタミンの摂取がよいとされています。とりわけビタミンB郡は肝臓と深い関係にあります。そこで登場するのが、にんにく注射。にんにく注射の主な成分はビタミンB1です。にんにく注射はよく誤解されがちですが、実際ににんにくが入っているわけではありません。注入する際に、ビタミンB1に含まれる硫黄の匂いが広がることからこの名称で呼ばれているようです。
※ニオイ自体は直ぐに消え、息や身体がにんにく臭くなることはありません。


にんにく注力は、二日酔いの他にも
・疲労回復
・風邪の予防
・美肌効果
等様々な効果が期待できます。

当院では下記のメニューをご提供しております。
■ニンニク注射
1A:500円(税抜)
2A:1,000円(税抜)

■ニンニク+ビタミンB注射
アリナミン1A : 2,000円(税抜)
アリナミン2A: 2,500円(税抜)

■ニンニク+ビタミンC注射
2,500円(税抜)


投稿者: 医療法人社団 霞山会

2018.04.21更新

新聞各社の最新報道でもございますが、沖縄県で台湾からの旅行者をきっかけとする「麻疹(はしか)」が流行しつつあります。報道によりますと、二次感染から三次感染と疑われる範囲まで広がりつつあるようです。

▼日本経済新聞(4/20)にて、当院での予防接種を取材いただきました。
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO29622850Q8A420C1000000

ゴールデンウィークに旅行を検討中もしくは旅行に行かれた方はご自身の予防と、ご家族やご友人、お勤め先の同僚の方など周りへの感染拡大を防ぐために、ワクチンの接種をおすすめいたします。特に沖縄へ旅行にこれから行かれる方、すでに行かれた方には接種をおすすめいたします。

■麻疹(はしか)とは
麻疹(はしか)は麻疹ウイルスに感染することによって引き起こされる感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染という様々な経路で感染し、重症化すると死に至るケースもあります。

麻疹の症状は、感染してから約10日後に発熱、咳、鼻水のような風邪のような症状が現れ、数日間、熱が続き、39℃以上の高熱と発疹が出現します。肺炎や中耳炎が合併症としてあり、0.1%(1,000人に1人)の割合で脳炎も発症すると考えられています。

非常に感染力が強いウイルスになるため、手洗いやマスクだけでは予防できず、やはりワクチンによる予防接種がもっとも有効な予防方法になります。

■麻疹ワクチンの接種歴を確認しましょう
日本では、生まれた年代によって、接種履歴が下記の3パターンに分かれています。
・定期接種ではなく、任意接種だった方(昭和53年以前に生まれた方)
・定期接種で1回の接種が義務付けられた年代の方(昭和53年-平成2年4月1日に生まれた方)
・定期接種で2回の接種が義務付けられた年代の方(平成2年4月2日以降に生まれた方)

1回の接種で95%以上の人が免疫を獲得できるといわれており、2回接種をすることで1回目の接種で十分な免疫獲得が出来なかった人も免疫をつけることができます。
そのため、1度もワクチン接種をしたことがない方や、1回しか接種したことがない方、とくに海外(麻疹が流行している国)旅行へ行かれる方はワクチン接種をすることをおすすめします。

当院では、麻疹ワクチンを5,620円(税込)でご提供しております。
※現在、在庫不足のため、風疹も同時に予防可能なMRワクチン(税込12,960円)のご検討をお願いしております。

ご希望の方は、ワクチン仮申込フォームよりご連絡いただければ、在庫の確認後にご予約をお取りいたします。

▼渋谷区全額補助事業
大人の風しん抗体検査(HI法)・MRワクチン予防接種のご案内はこちら
※対象は現在渋谷区に住民登録がある19歳~49歳の女性、およびそのパートナー

▼国立感染症研究所 感染症疫学センター(2018 年 4 月 17 日)からの発表
麻しん風しん混合(MR)ワクチン接種の考え方

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2018.02.13更新

風疹は風疹ウイルスによる感染症の一種で飛沫感染や接触感染が主な感染経路です。
主な症状は、38度以上の発熱や発疹、リンパ節の腫れなどになります。

日本での流行は、1970年代後半から1990年代前半までで5~6年ごとに大規模な全国流行がみられていました(1976、1982、1987、1992年)。その後、男女幼児が定期接種の対象になり、全国的な流行は収まっておりますが、直近では2004年に推計患者数約4万人の流行があり、10人の先天性風疹症候群が報告されています。

予防方法は、次にご紹介する麻疹と同じく、ワクチン接種が最も有効であるといわれています。

■風疹ワクチン接種がおすすめの方
・1度もワクチン接種をしたことがない方(昭和54年以前に生まれた男性は1度も接種を受けていない可能性があります)
・1回しか接種したことがない方(昭和55年以降に生まれた方)
・風疹が流行している国へ海外旅行される方(旅行後、日本国内で感染を拡大してしまう可能性が大きいため)

■特におすすめの方
風疹のワクチンは将来、妊娠を希望している女性の方はとくに接種をしておいたほうがよいワクチンです。
なぜなら、妊娠初期に風疹にかかると胎児に感染してしまい、生まれてくる赤ちゃんが難聴・白内障・先天性心疾患を特徴とする先天性風疹症候群をもってうまれてくる可能性が高くなるからです。
妊娠後にワクチン接種をすることはできませんので、妊娠前にワクチン接種をしてあらかじめ予防しておくことをおすすめします。

当院では、風疹ワクチンを6,050円(税込)でご提供しております

■風疹の抗体検査
また、当院では風疹ウイルス抗体検査を4,320円(税込)で行っています。
ワクチン接種を検討されている方で、今まで風疹にかかったことがある方(検査をして風疹だと確実に診断された方)は免疫を持っている可能性が高いため、抗体検査を行って、免疫の有無を確認することもできます。免疫がない場合はワクチン接種をご検討ください。

ご希望の方は、ワクチン仮申込フォームよりご連絡いただければ、在庫の確認後にご予約をお取りいたします。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2018.02.07更新

鼻がムズムズする・・・
目がかゆい・・・
花粉症の方にはツラい季節がやってきているのではないでしょうか?

花粉症にも何の花粉かによってピークは異なりますが、
1年を通して1月~5月頃までが花粉症にはツラい時期の一つです。

関東地方で飛ぶ花粉の種類には、
「ハンノキ属、スギ、ヒノキ科、イネ科、ブタクサ属、ヨモギ、カナムグラ」などがあります。
その中でも春先に流行る花粉はハンノキ属、スギ、ヒノキ科などです。

今はまだ花粉症になっていない人もいつなるかわからないものです。
では早くから花粉症になる人、花粉症にならない人がいるのはなぜなのでしょうか?

■花粉症発症のメカニズム
そもそも花粉症とは、体内に花粉が入ってきた時に、それを排除しようとすることによって
鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状が起こっている状況です。

ではどんな人が花粉症になるのか・・・?

花粉症を発症するメカニズムとしては諸説あるようですが、花粉を吸い込むと、
身体の粘膜に花粉が付着。身体が花粉を「敵」と認識する。対抗するために抗体をつくりだす。

ここで花粉症予備軍の完成です。

付着を繰り返していくとその分抗体もどんどんつくられていき、
ここで予備軍の5割ほどまでが発症する可能性が。

さらにつくられた抗体が肥満細胞という細胞とくっつきはじめ、ヒスタミン等の化学伝達物質が生産される。
それによって神経や血管が刺激されるとくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が現れてしまいます。

やはり出来るだけ花粉の多く飛ぶような場所を避けるに越したことはなさそうですね。


■当院での花粉症治療では何が出来る??

そんな花粉症を発症してしまった方の為に、当院では「ヒスタグロビン注射・点滴」をご用意しております。
アレルギー反応により上記記載の化学伝達物質(ヒスタミン)などが生産されても反応を抑える効果が期待できます。
この注射または点滴は、アレルギー疾患を体質から改善する根本治療です。
慢性的な花粉症症状でお悩みの方は是非試してみてはいかがでしょうか?

ヒスタグロビン注射 
症状があまり無いとき・・・1,620円(税込)
症状があるとき・・・2,700円(税込)
※掲載料金は自費。保険適用となる場合もあります。


また、当院で検査可能な採血によるアレルギー検査でも、
自分がスギに対してアレルギーがあるのか、それともヨモギにもあったりするのか・・・?
などがわかる検査を用意しております。
ご来院頂く方も当日採血のついでにと追加で調べられる方が多いですよ!

アレルギー検査(view39)

あなたも是非この機会に自分はなんの花粉に弱いのか、何アレルギーなのか調べてみては!!

これからピークを迎える季節、症状がひどくなる前に是非対策を!!

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2018.01.26更新

最近、インフルエンザの流行が拡大しているとニュースで取り上げられております。皆様の職場でも、「◯◯さんがインフルエンザ」に罹った!」と話題になることもあるのでないでしょうか。
今回はインフルエンザの特徴と、感染対策、検査についてまとめました。

※最新の流行マップを厚生労働省が出していますので、参考にしてみてください。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-map.html


■インフルエンザとは?
インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴ですが、普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状が見られることがあります。子どもや高齢の方は重症化することもあり、注意が必要です。
季節性インフルエンザは流行性があり、短期間に多くの人へ感染が拡がります。日本では例年、12月~3月が流行シーズンとなっています。


■主な感染経路は?
(1)飛沫感染:感染している人のくしゃみや咳で出るしぶきを吸い込むことによる感染です。くしゃみや咳をした人から半径2メートル以内にいると、感染の危険性が高まります。
(2)接触感染:感染している人の唾や鼻水が手から手へ、あるいはドアノブやつり革などを介して手に付着することなどによる感染です。
ただし、ウイルスが手に付着しただけで感染するわけでなく、その手で口や鼻、目などの粘膜を触れることで感染します。こまめな手洗いが接触感染のリスクを減らすことになります。


■主な予防方法は?
・手洗いやアルコール消毒
・室内の湿度を保ち、栄養や休息を取る
・マスクの着用でウイルスを吸い込む可能性を低くする
また、インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効と報告されております。


■インフルエンザの症状について
インフルエンザウイルスに感染すると、1~3日間の潜伏期間後発病し、高熱(38~40度)とともに悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛などの全身症状が現れます。
インフルエンザが流行している時期に、上記のような症状がある時は、インフルエンザに感染している可能性があります。特に、インフルエンザと診断されている人と1週間以内に一緒にいたことがある場合、その可能性は高まります。

■当院のインフルエンザチェック
当院では今年、富士フイルム社のIMMUNO AG1という検査を用い、インフルエンザの迅速検査もご提供いたします。
【富士フイルム 紹介動画】
https://www.youtube.com/watch?v=cJeqh--c3Rs

また、検査後、医師の判断によりますが、病状・休業証明者や治癒証明書を発行させていただいております。


流行が拡大しておりますので、しっかりと対策をして感染を防ぎましょう!
インフルエンザワクチンの接種も有効ですので、まだ打たれていない方は、今からでも遅くないので当院をご利用いただければと思います。

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2018.01.16更新

2015年の日本政府観光局のデータによると、上位5地域は
米国⇒中国⇒韓国⇒台湾⇒タイ
の順となっています。近年では、アジア諸国を訪問する者が増加傾向にあります。

当院でも最近は訪日される外国人の方の来院が増加傾向にありますが、日本からの渡航者で海外において体調崩された方は少なくないのではないでしょうか。一般的に、発展途上国に1ヶ月以上滞在した場合、何らかの健康問題が起こる頻度は50~60%と言われています。さらに、実際に疾病にかかる頻度は20~30%と言われています。罹患する疾病では感染症が最も多い状況です。

感染症を予防するためには、ワクチンの予防接種が有効な手段となります。海外渡航者の予防接種ですが、

・国際的に接種証明書が必要なワクチン
黄熱
髄膜炎菌

・渡航国や地域に応じて推奨されるワクチン
A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、狂犬病、ポリオ、大熱、腸チフス、髄膜炎菌、これら、ダニ媒介性脳炎

上記等が挙げられます。(当院では現在のところ黄熱のワクチンには対応しておりませんので、こちらをご参照ください。http://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html )

また、ワクチンを選択する際に重要な指標を当院では下記のように考えております。

① 渡航者の状況
・年齢/性別
・健康状態/基礎疾患
・禁忌事項の有無
・予防接種歴
② 渡航先
・渡航国(制度や法律、現地の医療状況)
・渡航目的/渡航期間
・出発までの期間
③ ワクチン
・効果/副反応
・接種回数
・コスト
④ 疾患/感染症
・流行状況
・罹患率/致死率
・治療可能性

上記を加味して、接種ワクチンとその接種スケジュールの調整をしてプランニングを致します。

ここで注意が必要なことは、ワクチンの下記に当てはまる接種不適当者の場合は接種を行なっておりません。

・明らかな発熱を呈している者(※37.5℃以上)
・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
・該当ワクチン液の成分により、アナフィラキシーを呈したことが明らかな者
・麻疹、風疹などの生ワクチンの接種対象者では、妊娠していることが明らかな者
・BCGの接種対象者では、外傷などによるケロイドが認められる者
・その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある者
等です。

当院でのトラベラーズ外来では接種前の予診票への記載と医師の問診から判断して、上記のような場合は接種をお断りしております。

これからの季節は、卒業旅行、海外赴任等で海外へ渡航される方が増加しますが健康で楽しく過ごすためにも適切な予防接種を行うことを当院では推奨しています。

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.12.28更新

■ノロウイルスとは??
ノロウイルスは感染性胃腸炎の原因となるウイルスで、インフルエンザと同じく特に冬場に流行します。
人の小腸粘膜で増殖し、少量のウイルスでも感染・発症する感染力の強いウイルスです。
体力が低下した時や基礎疾患(元々もっている慢性的な病気)を持つ方、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者が重症化しやすく注意が必要です。


■主な感染経路と症状は?
・ノロウイルス感染者の便の中に含まれるウイルスが手などに付着し口から感染する場合
・吐物から飛沫感染する場合
・食品を取り扱う者の手から食品にウイルスが付着し、それを食べて感染する場合
・生や加熱不十分の牡蠣などの貝類を食べることによって感染する場合

主な症状としては、吐き気、腹痛、嘔吐、下痢があります。

■主な予防方法は?
・石鹸と流水で30秒以上かけてよく手をあらう。手拭きは共有タオルの使用を避けペーパータオルなどを使用する。
・食品を十分に加熱する。調理器具などの洗浄・消毒。生野菜などは十分に水洗いする。
・吐物の処理は使い捨てビニール手袋と使い捨てマスクを着用し行う。吐物を拭き取り後は塩素系消毒剤で消毒する。


■ノロウイルスに感染したら出勤停止??
ノロウイルスは感染した場合の出勤停止期間などは国で定められていません。
会社の判断に委ねられているため、医療機関を受診し医師と相談をした上で会社の指示を仰ぐ必要があります。
ノロウイルスは前述のとおり少量のウイルスでも感染・発症するため、症状があるにも関わらず自己判断で出勤などをすると集団感染になる可能性が高くなります。
とくに飲食店に勤務している方などは食品などから感染を広げてしまうことになり、ご自身が感染源となり多くの感染者を出すことになってしまいます。

そのようなことを防ぐために、特に飲食に携わる仕事をされている方は予防を心がけ、少しでも症状がある場合や周りに感染者が出た場合は医療機関を受診しノロウイルス検査をすることをオススメします。


■当院のノロウイルス迅速検査
当クリニックではノロウイルス検査にクイックナビ・ノロ2という迅速検査キットを使用しています。
採取していただいた便で検査をし、15分という短時間で結果が出ます。
その結果と合わせ、医師が問診・診察をし診断を行います。

ノロウイルスの感染拡大を防ぐため、日常生活での予防を心がけ
些細ことでも気になる症状がありましたら診察にいらっしゃることをオススメします。

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.07.13更新

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会

2017.06.28更新

胃がんになる仕組み

日本におけるガン罹患率では、胃がんがトップであり、がんによる死亡率においても肺がんに並んで2位(胃)を維持し続けていることから、胃がん検診が非常に重要視されています。
胃がんの原因はピロリ菌から生じていると言われ、日本人口の半数以上が保有しているとの分析結果も出ています。

こういったリスクを出来る限り下げるためにも胃がん検診をよく理解し、受診しましょう。

 

検査項目

採血ABC検査(ペプシノゲン検査・ヘリコパクターピロリ抗体検査)
→採血によって、血中のペプシノゲン濃度とピロリ菌の有無を調べ、胃の状態を検査


バリウム検査(胃部X線検査)
→X線に反映されやすい性質のバリウムを飲むことで胃や食道などの動き方を検査
  食道や胃、十二指腸が狭くなっていないかどうかを見る


胃カメラ検査(内視鏡検査)
→食道、胃、十二指腸まで高性能カメラを通じて、直接消化器内の状態を視診できる

【採血】ABC検査
採血によって血中のペプシノゲンとピロリ菌の有無を調べる
胃粘膜の萎縮を調べる

 

検査表

投稿者: 医療法人社団 霞山会

前へ