クリニックブログ

2018.02.13更新

風疹は風疹ウイルスによる感染症の一種で飛沫感染や接触感染が主な感染経路です。
主な症状は、38度以上の発熱や発疹、リンパ節の腫れなどになります。

日本での流行は、1970年代後半から1990年代前半までで5~6年ごとに大規模な全国流行がみられていました(1976、1982、1987、1992年)。その後、男女幼児が定期接種の対象になり、全国的な流行は収まっておりますが、直近では2004年に推計患者数約4万人の流行があり、10人の先天性風疹症候群が報告されています。

予防方法は、次にご紹介する麻疹と同じく、ワクチン接種が最も有効であるといわれています。

■風疹ワクチン接種がおすすめの方
・1度もワクチン接種をしたことがない方(昭和54年以前に生まれた男性は1度も接種を受けていない可能性があります)
・1回しか接種したことがない方(昭和55年以降に生まれた方)
・風疹が流行している国へ海外旅行される方(旅行後、日本国内で感染を拡大してしまう可能性が大きいため)

■特におすすめの方
風疹のワクチンは将来、妊娠を希望している女性の方はとくに接種をしておいたほうがよいワクチンです。
なぜなら、妊娠初期に風疹にかかると胎児に感染してしまい、生まれてきた赤ちゃんが難聴・白内障・先天性心疾患を特徴とする先天性風疹症候群をもってうまれてくる可能性が高くなるからです。
妊娠後にワクチン接種をすることはできませんので、妊娠前にワクチン接種をしてあらかじめ予防しておくことをおすすめします。

当院では、風疹ワクチンを6,050円(税込)でご提供しております

■風疹の抗体検査
また、当院では風疹ウイルス抗体検査を4,320円(税込)で行っています。
ワクチン接種を検討されている方で、今まで風疹にかかったことがある方(検査をして風疹だと確実に診断された方)は免疫を持っている可能性が高いため、抗体検査を行って、免疫の有無を確認することもできます。免疫がない場合はワクチン接種をご検討ください。

ご希望の方は、トラベラーズ外来ページのワクチン仮申込フォームよりご連絡いただければ、在庫の確認後にご予約をお取りいたします。

投稿者: 医療法人社団 霞山会