クリニックブログ

2017.12.28更新

■ノロウイルスとは??
ノロウイルスは感染性胃腸炎の原因となるウイルスで、インフルエンザと同じく特に冬場に流行します。
人の小腸粘膜で増殖し、少量のウイルスでも感染・発症する感染力の強いウイルスです。
体力が低下した時や基礎疾患(元々もっている慢性的な病気)を持つ方、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者が重症化しやすく注意が必要です。


■主な感染経路と症状は?
・ノロウイルス感染者の便の中に含まれるウイルスが手などに付着し口から感染する場合
・吐物から飛沫感染する場合
・食品を取り扱う者の手から食品にウイルスが付着し、それを食べて感染する場合
・生や加熱不十分の牡蠣などの貝類を食べることによって感染する場合

主な症状としては、吐き気、腹痛、嘔吐、下痢があります。

■主な予防方法は?
・石鹸と流水で30秒以上かけてよく手をあらう。手拭きは共有タオルの使用を避けペーパータオルなどを使用する。
・食品を十分に加熱する。調理器具などの洗浄・消毒。生野菜などは十分に水洗いする。
・吐物の処理は使い捨てビニール手袋と使い捨てマスクを着用し行う。吐物を拭き取り後は塩素系消毒剤で消毒する。


■ノロウイルスに感染したら出勤停止??
ノロウイルスは感染した場合の出勤停止期間などは国で定められていません。
会社の判断に委ねられているため、医療機関を受診し医師と相談をした上で会社の指示を仰ぐ必要があります。
ノロウイルスは前述のとおり少量のウイルスでも感染・発症するため、症状があるにも関わらず自己判断で出勤などをすると集団感染になる可能性が高くなります。
とくに飲食店に勤務している方などは食品などから感染を広げてしまうことになり、ご自身が感染源となり多くの感染者を出すことになってしまいます。

そのようなことを防ぐために、特に飲食に携わる仕事をされている方は予防を心がけ、少しでも症状がある場合や周りに感染者が出た場合は医療機関を受診しノロウイルス検査をすることをオススメします。


■当院のノロウイルス迅速検査
当クリニックではノロウイルス検査にクイックナビ・ノロ2という迅速検査キットを使用しています。
採取していただいた便で検査をし、15分という短時間で結果が出ます。
その結果と合わせ、医師が問診・診察をし診断を行います。

ノロウイルスの感染拡大を防ぐため、日常生活での予防を心がけ
些細ことでも気になる症状がありましたら診察にいらっしゃることをオススメします。

 

投稿者: 医療法人社団 霞山会